活動報告

和歌山3区を駆ける!

[活動報告]2012/11/25 更新

11月24日、特急くろしお号に乗車して一路和歌山県の紀伊田辺へ。和歌山3区での活動です。JR紀伊田辺駅に到着して、すぐに売店の女性に演説会場である紀南農協ふれあいセンターまでの交通手段を聞きました。「歩いて行けますか?それともタクシーに乗った方がよいですか?」。その方は 「自転車が便利やねぇ」(笑)とおっしゃいました。確かに駅前にはレンタルサイクル店が。しかし借りた自転車を返却する時間はないため、歩いて会場へ。紅葉し始めた山あいの景色を眺めながら向かいました。自然に囲まれた美しい街です。

会場には大勢の方が参加。和歌山3区予定候補の原やすひささんと訴えました。和歌山県は人口減少率は秋田県に次いで全国2番目という水準。独居老人の割合、若者の県外移住は全国一です。原さんは、農林水産業を基幹産業と位置づけ、雇用を増やし、若者が住み続けることのできる和歌山県にしたいと強くうったえました。このままでは集落がどんどん消滅してしまいます。消費税増税を中止して、安心して暮らせる社会をつくるために、国会へ押し上げていただきたいと述べました。

森林組合から激励のメッセージも届きました。保守王国と言われる和歌山3区でも、自民党政治への批判が強まり、「もう原さんしかおらん」との声が広がっているそうです。私からは、「政党の数がいくつ増えようと、根っこは同じ。60年続いた自民党型政治であり、その対極にあるのが日本共産党。議席倍増で財界中心・アメリカいいなりの政治を変えましょう」とお話させていただきました。

演説会終了後、初老の男性からは「わかりやすい演説やった。関西大学で政治学を学んだワシが言うんやから間違いない」と感想を述べてくれました。他の女性は「録音したかったわ~。それくらいよかったよ!」と激励。何よりです。

リサイクルショップ?それともアウトレットのお店?なぜこんなところに党の宣伝カーがあるのかと不思議に思われるかも知れませんが、この場所が原やすひさ和歌山3区候補の事務所になるそうです。ハワイアンなツリーもイカしてますね。休憩後、田辺市会議員団の皆さんと銀座商店街などで街頭演説に臨みました。多くの方が手を振ってくれ、反応の高さを感じました。

夜は御坊市へ。市役所そばにある商工会館での演説会に参加。「赤旗でいつも見てるよ~。今日は話を楽しみにして来たんよ!」と声をかけてくれる方も。ここでも、国民生活に直面する様々な課題に対し、改革のビジョンを提案し、実現するために行動する日本共産党の政策と役割についてお話させていただき、最後に「今度の選挙は憲法を守るたたかいです。国防軍だとか、徴兵制だとか、歴史の歯車を逆転させるような勢力に負けるわけにはいきません。被爆国である日本において、核武装のシュミレーションなど許せません。党をつくって100年近い歴史を誇り、あの戦争に命がけで反対した日本共産党を大きく伸ばして、憲法9条を守りましょう!」と呼びかけさせていただきました。

 

大阪13区事務所開き~都島区を駆ける!

[活動報告]2012/11/24 更新

11月23日、大阪13区から出馬予定・てらやま初代さんの事務所開きに出席。自民現職が維新府議の息子を後継に指名したことにより地元の自民党は猛反発とか。家族会議で議席を牛耳るようなことでは困ります。

私からは「民主党にはガッカリ、自民党にはコリゴリ、第三極はサッパリです!やっぱり日本共産党を伸ばして財界中心・アメリカいいなり政治をただしましょう!地上最強生物(笑)と言われる東大阪のおばちゃんパワーでてらやまさんを国会へ押し上げ、政治を国民の手に取り戻そうではありませんか!」と訴えさせていただきました。

午後からは大阪4区の都島区へ。地下鉄都島駅でハンドマイクによる宣伝。信号待ちをしている人もじっと聴いてくれているようでした。たまたま通りかかった旧友とも再会。やっぱり街頭へ出るといいことがありますね。一見イカツい感じの男性も「ファンなんです。一緒に写メ撮ってください」と駆け寄ってこられました。お連れの女性が「橋下市長大っ嫌いやねん!共産党がんばって!」と激励してくれました。佐藤文子さん、上野とき子さんという二人の元市議や、後援会の皆さんがたくさん集まってくれて勇気を頂きました。私たちが宣伝を終えた後には維新の会の大阪市議が同じ場所でマイクを持ち始める、公明党や社民党の宣伝カーが交差点を行きかう。さながら選挙本番の様相を呈してきました。

その後、毛馬町にある喫茶店でミニ集会。常連のお客さんをはじめ6人の方とコーヒーを飲みながら政治談議。私からは「演説会ではありませんので、ざっくばらんに皆さんの質問にお答えします」と述べると、ママさんが手を挙げて「コスプレは好きですか~?」といきなりの直球(笑)一同ドッと沸き、緊張がほぐれ、和気藹々とした集会となりました。マスターからは、「アメリカに守ってもらっているんやから、軍事費減らすのは賛成でけへんなあ」との意見。「在日米軍は海兵隊。日本の防衛とは無関係の殴り込み部隊ですわ。その証拠に普天間基地のヘリ部隊は半年は国外で訓練してますやろ。米軍基地がある限り、オスプレイや普天間問題、米兵犯罪を解決することはできません」と私から述べました。他のお客さんからは「尖閣諸島はどうやって守るん?」とのご質問。「軍事的対応ではなく、話し合いで解決することが大切。志位委員長はどの党にも先駆けて中国大使館へ行き、尖閣諸島の領有の正当性を堂々と主張しました。立場は違っても議論して解決の糸口をたぐりよせる努力。これこそが外交の力ちゃいますか」と説明。御納得の様子。年金問題や原発問題でも話が盛り上がりました。あまり積極的支持者ではないと聞いていたママさんからは「あんた、なかなかバイタリティあるわ。応援するし頑張りや!」のお言葉。嬉しく思いました。

その後も後援会の決起集会や街頭での宣伝を行い、夜は京橋へ。赤旗を読んで応援してくれている飲食店を軒並み訪問し対話をすすめました。ある立飲み屋の御主人は、「景気はサッパリや。OBP(大阪ビジネスパーク)あたりでも松下やNECなんかがリストラしてるやろ。客が流れてけえへんわ」と嘆いておられました。こんな時に消費税の増税などとんでもありません。増税に頼らない財源論を提案している日本共産党が伸びれば、必ず再来年からの増税を中止に追い込むことができるでしょう。

夜は妻と一緒に自宅近くの飲食店のオフ会へ。初めてお会いした薬剤師の男性は「TPPに反対してください」と声をかけてくれました。アルバイトをしている女性も「二十歳になりました。初めての選挙で清水さんの名前書かせてもらいますね」と言ってくれました。若い人たちに希望を与える政治への転換をめざして奮闘する決意をあらたにしました。

梅田ヨドバシカメラ前で市田書記局長と演説

[活動報告]2012/11/19 更新

11月18日、大阪駅ヨドバシカメラ前で市田忠義書記局長を迎え、街頭演説に立ちました。急きょ決まったにもかかわらずたくさんの方が集まってくれました。また、道行く人々が次々に足を止め、総選挙への関心の高さを現していました。
街頭演説をTwitter知って駆け付けてくれた男性は、「今の子どもたちが成人した時に、あの時の政治家が頑張ってくれたと感謝されるような議員になってください」と叱咤激励してくれました。
目まぐるしくスケジュールも変化しています。まさに本番さながらの様相です。一ヶ月間の短期決戦ですが、有権者の日本共産党への期待と関心は確実に高まっていると確信しています。悔いのないように全力で頑張ります!

衆議院が解散!いざ総選挙へ!

[活動報告]2012/11/16 更新

解散が決まって一夜明けた15日。朝から労働者後援会の皆さんと関西電力本店前で宣伝に取り組みました。「即時原発ゼロは可能です」と、党の政策を関電で働く方々にうったえました。
一時間に赤旗号外を受け取ってくれた社員は166人。前回9月27日は153人でしたから、13人も増えました。ここに確信を持ちたいと思います。
原発問題は消費税などと並んで選挙の大きな争点になるでしょう。原発から自然エネルギーへの転換を求めて頑張ります。
12月16日の投票日まで全速力で走り抜く決意です。

シャープ本社前でリストラ反対の宣伝にたつ

[活動報告]2012/11/06 更新

11月5日、2000人ものリストラ計画をすすめているシャープの大阪本社前で「大企業のリストラから雇用と地域経済を守る実行委員会」の皆さんと宣伝にたちました。
早期退職に応募するか、しないかは本人の自由意志です。この間すでにシャープで行われているように、繰り返し面談を強要して退職勧奨を行うことは違法です。
退職強要をハネ返す4カ条や労働相談ホットラインの番号を知らせるビラが、シャープ本社ビルに入って行く労働者に、1000枚以上受け取られました。
国会では志位委員長が電機・情報産業の13万人リストラのあまりに酷い実態を告発しました。復興に名を借りた補助金まで受け取っている大企業が、労働者や下請企業に痛みを押し付けるやり方は許されません。無法なリストラに

歯止めをかけるたたかいが重要です。会社は経営が「大変」だと言いますが、仕事を失う労働者の生活はもっと「大変」なのですから。