活動報告

10月30日は紀伊田辺市へ!

[イベント案内 | 活動報告]2016/10/28 更新

10月30日(日)は和歌山県田辺市でお会いいたしましょう!
午後2時より、JR紀南ふれあいホールにて!サービスします!

10月29日は鳥取市と米子市へ!

[イベント案内 | 活動報告]2016/10/28 更新

10月29日(土)に鳥取県で行われる2箇所のつどいに参加いたします。午前中は被災地の視察に伺うつもりです。

鳥取県での活動は初めてです。お近くの方は是非お運びください。みなさんとの出会いを楽しみにしています。

利息負担額が5,000億円も軽減?! JR東海への経営支援ではないと言えるのか?

[活動報告]2016/10/26 更新

JR東海の利息負担額が5,000億円も軽減されるのに、どうしてこれが経営支援ではないと言えるのでしょうか。

10月26日、衆議院国土交通委員会で可決された改正鉄運機構法により、JR東海はリニア建設のために長期・固定・低利の財政投融資により3兆円を調達することになります。

仮にこれが0.6%とすれば、当初JR東海が民間金融機関から借り受けた場合の想定利率3%よりも格段に利息は減り、鉄道局長が、その差は5,000億円にのぼることをもとむら伸子議員の質問に答えたのです。

なぜ政府は経営支援だと頑なに認めないのか。それは、全額自己資金で建設するとしていたJR東海へのリニア建設認可の前提が根底から覆り、認可を取り消せという国民の議論が起こることを恐れてのことだと言わなくてはなりません。

南アルプスの山々をぶち抜き、自然も環境を破壊し、置き場の定まらない大量の残土を掘り起こすだけではなく、人口減少社会が到来し、需要予測も曖昧で、JR東海の社長自身が「絶対にペイしない」と赤字宣言をしているリニア新幹線の建設にしがみつく必要はありません。そのことが参考人質疑における橋山禮治郎先生の意見陳述で確信となりました。

問題アリ!! リニア中央新幹線

[活動報告]2016/10/26 更新

アラバマ大学名誉教授の橋山禮治郎先生が、26日に行われた国土交通委員会に参考人として出席され、リニア新幹線への財政投融資について意見陳述を行いました。

橋山先生は、JR東海への公的資金貸付について疑問を呈し、国が行うべきは北海道や四国等の赤字の鉄道路線への支援だと強調。私が質問した安全性や環境破壊などリニア新幹線の問題点についても詳しく答えてくださいました。

もとむら伸子議員も今回の財政投融資の本質がJR東海への支援であり、償還されない場合は国民負担になることを指摘。また、用地買収について住民の声を聞こうとしないJR東海の姿勢についても政府の認識をただしました。

残念ながら、日本共産党以外の賛成多数により、法案は可決されてしまいましたが、今回の質疑によって、よりリニア新幹線が無謀な事業であるということを浮き彫りにできたと思います。

応援傍聴もあり、とても心強かったです。引き続き力を合わせて取り組んでいきます。

そんなに急いでどこへ行く?! わずか1日で3兆円を審議!行先はふらふらです!

[活動報告]2016/10/25 更新

そんなに急いでいったいどこへ行くというのでしょうか。リニアの速度ではなく、審議時間のことです。

リニア新幹線の全線開業前倒しのために、JR東海へ3兆円もの公的資金を貸し付ける法案について、明日26日の国土交通委員会で参考人質疑、政府質疑、討論、採決をわずかいちにちでやってしまおうと言うのです。

採決ありきで参考人の方を国会に招くなど失礼な話です。リニア新幹線は、環境破壊や生活への影響が大問題となっており、そもそもその必要性について十分な議論がなされていません。

財政投融資で貸し付ける3兆円の償還についてJR東海が計画通りに40年後に完済できるのかという、もとむら伸子議員の質問に対し、麻生太郎財務大臣が「生きているかわからない」などと無責任な答弁をしていることも許されません。

明日の午前中に行われる参考人質疑では私が質問に立ちます(10時55分から)。

そして、午後からの政府質疑は、もとむら伸子議員がおこないます(15時20分から)。