活動報告

【通常国会論戦の三本柱】

[活動報告]2020/01/11 更新

10日は、関目駅〜鴫野駅(いずれも城東区)で支部のみなさんと早朝宣伝に取り組みました。1月20日から始まる国会では、桜を見る会の私物化問題、カジノIR疑獄事件の真相究明、緊張高まる中東地域への自衛隊派遣問題を柱に、野党が結束して取り組んでいきます。通勤途上の方から「頑張ってください」の声かけがたまらなく嬉しいです。閉会中は出来るだけ街頭宣伝に取り組みたいです。(2020/1/10記)

画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル、立ってる
画像に含まれている可能性があるもの:8人、、スマイル
 

【戦争反対!平和的解決を!】

[活動報告]2020/01/10 更新

大阪は昨日に続いて今日も暖かく、まさしく宣伝日和となりました。早朝はOAP(大阪アメニティパーク)前で北区労働者後援会のみなさんと宣伝にたちました。

現職国会議員の逮捕にまで発展したカジノIR疑獄について報告すると、ビラの受け取りも急に多くなり、関心の高まりを感じました。賄賂を受け取った議員は他にいないのか、多額の裏献金を受けた議員が本当にいるのか、真相解明はこれからです。

次いでお昼前には京橋駅前へ。日本共産党大阪府委員会が、米国とイランによる軍事的緊張をエスカレートさせず、両国の自制と関係国含めた外交的努力による解決を求める緊急宣伝を行いました。

情勢を踏まえ、安倍総理の中東訪問は延期を検討する一方、自衛隊は予定通り中東に派遣するとはあまりにひどい対応であり、ただちに中止するべきです。宮本岳志前衆議院議員と交互にマイクを握りました。

京橋から関目(城東区)に移動して、地元後援会のみなさんとスーパーライフの前で宣伝にたちました。政令指定都市の大阪市を廃止して半人前の特別区に分割する「都構想」では、今よりも住民サービスの低下を招くことになると説明し、中小企業支援や商店街振興、国保料値下げなどの福祉充実を求めました。 (2020/1/9記)

 

画像に含まれている可能性があるもの:3人、、スマイル、立ってる(複数の人)、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、立ってる(複数の人)、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる

【ネットラジオ番組に出演しました】

[活動報告]2020/01/08 更新

8日、世界の紛争地から戦争のリアルを伝え続けているジャーナリスト・西谷文和さんがDJを務めるネット番組「路上のラジオ」に出演し、カジノIR疑獄、都構想、吉本興業とクールジャパン機構の関係などについてお話ししました。オンエアは1月24日の予定です。
番組サイトはこちら→radiostreet.net

画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、室内

【初出宣伝に取り組みました】

[活動報告]2020/01/07 更新

6日、大阪駅前にて、初出されるみなさんに向けて、宮本たけし前衆議院議員とともにご挨拶を申し上げました。みなさんお急ぎのようでしたが、ビラを取り「頑張って」と声をかけてくれる方もおられました。

低迷する日本経済と国民生活を立て直すためにも消費税を5パーに戻しましょうと訴えました。個人消費を温めるカギは賃上げと減税です。

働く人たちの汗と苦労が報われる、当たり前の社会を取り戻していくためにも政治革新の一年としていきたいです。

また、大阪では今年の秋に二度目となる大阪市廃止による特別区設置の是非を問う住民投票が実施されようとしていることについても訴えました。

政令指定都市である大阪市廃止の狙いは、財源と権限を大阪府に吸い上げて、一人の指揮官がカジノや巨大開発などやりたい放題できる仕組みを作ることに他なりません。

大阪市民も大阪府民も決して豊かにはなりはしない幻想です。今度も反対多数となるように年頭から地道な宣伝と対話に取り組んでいきます。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、立ってる(複数の人)

【こむら潤さんと一緒に国会へ】

[活動報告]2020/01/06 更新

大丸神戸店前での新春宣伝、買い物途中の方や信号待ちの方から声援や激励がありました。

比例近畿ブロック候補の、こむら潤さんは「子どもたちのためにも、平気で嘘をつく政治を許すことができません!だから私は国政への挑戦を決意しました!」と、とても頼もしい演説をしました。

2014年の総選挙では4議席と躍進した比例近畿ブロックでしたが、2017年総選挙では2議席に後退しました。比例代表で「日本共産党」と書いて投票していただく方をいかに増やしていくかが、次の総選挙での最大の課題です。

日本共産党が国会で果たしている貴重な役割とともに、党の理念や歴史をまるごと知ってもらうために、街頭宣伝はもちろん、つどいを無数に開催し、仲間を党に迎え入れ、「しんぶん赤旗」読者を増やすなど、党を強くすることが必要です。

今年は衆議院の解散があるのではと報じられています。私もそう思います。いつ選挙があっても、こむら潤さんとともに押し上げていただけるように私も頑張ります。

市民と野党の共闘で、今度こそ安倍政権を終わらせて、くらしに希望と安心を届ける政治を実現させたいと思います。

宣伝には、庄本えつこ県会議員、森本真神戸市会議員も参加して訴えました。集まってくださった後援会のみなさん、ありがとうございました。(2020/1/3記)

画像に含まれている可能性があるもの:6人、、スマイル、立ってる(複数の人)、屋外