活動報告

【7月2日(木)の活動報告】

[活動報告]2020/07/05 更新

2日、梅田新道にて、北区労働者後援会の早朝宣伝に参加しました。新型コロナ対策(検査体制の拡充と医療機関への財政支援)、河井前法相逮捕、電通再委託問題、イージス・アショア配備計画停止、検察庁法改定案廃案、カジノ、大阪市廃止・分割、野党共闘の進化等について報告しました。最新の近畿民報を配布し、たくさんのひとに受け取ってもらえました。

その後、商工業者の方から商売の現状を聞き取る活動に取り組みました。大阪府内で印刷業を営むご婦人は、「ホテルと病院が得意先でしたが新型コロナ感染拡大以降、注文がめっきり途絶え、持続化給付金と雇用調整助成金で何とか持ちこたえていますが、このまま仕事量が戻らないと深刻な状況に陥ります」と。

西成区では衆院大阪3区候補の、わたなべ結さんと一緒に、政府融資や持続化給付金等への要望を聞かせてもらいました。「わしら大阪の商売人はコロナかコロッケか知らんけど負けてられへん。粘る!踏ん張る!頑張る!の精神で乗り切りらなあかんと思うてんねん」ーー自営業者のみなさんを激励するつもりが、こちらが勇気づけられました。

緊急事態宣言が解除されても、すぐに経済が回復するわけではありません。行政による継続的な必要性を感じました。(2020/7/2記)

【住民票のない野宿者にも10万円の特別定額給付金の支給を】

[活動報告]2020/07/01 更新

住民票のない野宿者にも10万円の特別定額給付金の支給を求め、大阪や東京のホームレス支援団体のみなさんや、自らも路上生活をしている方など約50名が、国会内で政府要請と院内集会を行いました。

住民登録はあくまでも手段であり、給付金を受け取る要件ではありません。実際、無戸籍の子どもに対しては、法務省がそうであることを認定し、総務省に伝える中で住民登録のない状態のまま給付金が支給されています。

参加した方からは、戸籍の附表を取り寄せ、消除された当時の住所を確認すれば住民登録せずとも二重払いは防止できるという提案も行われました。

この間、市民の世論と運動が政府の新型コロナ対策を前進させてきました。この国に住むすべての人に等しく10万円の給付金が支給されるように、努力していきます。(2020/6/30記)

【都議補欠選挙応援】

[活動報告]2020/07/01 更新

29日(月)、日野市で都議補欠選挙をたたかっている清水とし子さん(共産公認・野党共同)の応援に入りました。カジノ誘致ストップ、保健所を拡充して都民の命と暮らしを守る都議会へ、自民候補との一騎打ちに競り勝たせてくださいと、高幡不動駅前で立憲民主党の大河原まさ子衆議院議員と一緒に訴えました。(2020/6/30記)


 

 

【門真市長選挙告示、福島区・北区での活動】

[活動報告]2020/06/29 更新

28日(日)、門真市長選挙が告示されました。前市議で日本共産党公認の、ほりお晴真(はるまさ)候補の第一声に駆けつけました。維新現職との一騎打ちです。カジノや都構想よりも、新型コロナ対策の充実を図り、市民の命と健康、業者の営業を守る公約を掲げる、ほりお晴真候補を市長に押し上げてくださいと訴えました。

午後からは、福島区でしんぶん赤旗のおすすめに回りました。その中で、ゲストハウスを経営する方からも悩みをお伺いいたしました。国や自治体のさらなる支援を一緒に求めていきましょうと呼びかけました。

年金が少なくて困っているという年配の女性とも対話に。マクロ経済スライドを廃止して、減らない年金、暮らせる年金にしていく日本共産党の提案をお話する中で、日曜版の読者になっていただきました。

そのあと、北区へ移動して、少人数のつどいに参加し、国会報告を行いました。参加された男性からは、「清水さんの話を聞いて、政治をとても身近に感じた。もっとたくさんの人に聞かせてほしい」と感想を語り、入党についても引き続き検討したいし、こういう取り組みにはこれからも参加したいと述べてくれました。

【兵庫県・国会報告会と兵庫県保険医協会・政策研究会】

[活動報告]2020/06/29 更新

27日(土)は、兵庫県で国会報告会と、兵庫県保険医協会の政策研究会に参加して、国会報告を行いました。市民の世論と運動と、野党の結束したたたかいが政治を大きく動かしたことが、今国会の何よりの特徴だったことにポイントを置いてお話しました。より実感を持っていただけるよう、自作のスライドショーを投影しながら報告。兵庫県国会報告会では、こむら潤さん(近畿比例候補)も挨拶されました。