活動報告

【豊聡耳】

[活動報告]2020/09/10 更新

聖徳太子大使は10人の人の請願を同時に聴き分けたと伝えられています。これを豊聡耳(とよとみみ)と言うそうです。政治家たるもの、特定の支援団体の要求にだけ耳を傾け、利権を誘導するようなことがあってはなりません。

私自身も、様々な方々の意見に耳を傾けていくつもりです。もちろん、10人同時には聞き取れないと思いますが。

6日、その聖徳太子が眠る大阪府太子町で町議選と総選挙勝利を目指す党と後援会の決起集会が開かれました。

7期目をめざす西田いく子候補と、元小学校教諭のふじい千代美候補、2人の当選を目指します。定数が削減される見通しとなり、とても厳しい情勢ですが、是非とも勝利を。

もちろん、「世のため、人のため」がキャッチフレーズの、ため仁史(きみひと)衆院大阪15区候補も訴えました。(2020/9/7記)


【喋りまくるぞ】

[活動報告]2020/09/07 更新

4日は京都日程でした。穀田恵二衆議院議員とともに、上京・中京・下京の料飲組合のみなさんと懇談しました。新型コロナの影響を受けて、京都の飲食店も経営難に瀕しています。持続化給付金や家賃支援給付金など、自営業者を支援する制度の改善を求める声が出されました。

夜は、京都業者後援会主催の党を語るつどいに参加して、新型コロナ感染拡大防止に対する党の政策の紹介、野党共闘の進化(深化)、日本共産党の果たしている役割についてお話しました。

仕事終わりに参加してくれた女性が、「とても面白かったです。入党についてはまだ決心できませんが、このような取り組みがあればまた参加したいと思います」と感想を述べてくれました。

この日大阪に戻り、夕食をとるために入った馴染みの食堂の女将さんが、スポーツ紙を広げ「今度は菅さんみたいやね。この人は苦労人やし期待できるなぁ」と話しかけられてきたので、「いやいや、この人は安倍首相と一心同体で悪政を進めてきた人ですよ。森友問題では公文書改ざんを指示したのではないかと追及を受けてきたのです。また7年8ヶ月のうちに官房機密費を80億円も使ったことも報じられています。沖縄では基地建設を強行し、カジノ誘致にも熱心。消費税減税にはまったく後ろ向き。こんな人で喜べますか?」と応じました。

すると女将さんは、「菅さんてそんな悪い人なんや。知らなんだわ〜。テレビだけ見てたらわからんもんやなぁ。そら清水さんが話してくれるから私らも分かるけど、ほとんどの人はそんなん知らんからなぁ」と述べられました。

メディアでは連日、自民党総裁選挙の報道が溢れています。安倍政権の悪政に対する検証があまりにも少なすぎます。とは言っても、メディアは巨大権力の影響下にあるとも言えるわけですから、嘆くだけでなく、私たちの主体的な活動によって真実をお知らせして、認識を新たにしていただき、政治を変えていくことが重要です。

街頭宣伝、ビラ配布、SNSでの発信強化、しんぶん赤旗のおすすめ、党を語るつどいの開催、入党のご案内など、取り組むべき活動内容は明確です。

大阪では、大阪市廃止を決める「都構想」の住民投票が11月1日に行われることがほぼ確定しました。今度も否決を勝ち取るために、いっそう対話を広げていきます。さぁ、喋って、喋って、喋りまくるぞ。(2020/9/4記)

 

【天候も暑いが期待も熱い】

[活動報告]2020/09/01 更新

直射日光に照らされ続けるアスファルトの上を歩いていると靴底から溶けてしまいそうな熱を感じます。それでも府知事と違いテレビに取り上げてもらうことが期待できない以上、歩いて広げるしかありません。

8月最後の日は、朝から城東区へ。元大阪市会議員の小玉滋さんと地域の方を訪問しました。住民サービスが大きく低下する「都構想」の中身を説明すると、みなさん「反対や」と応じてくれました。公明党のポスターが貼っているお宅でも対話が弾み、「大阪市をなくすのはあかん。前回も反対した」と言われ、心強く思いました。

午後からは北区の本庄支部のみなさんと行動しました。「安倍総理は逃げ出した感じやね。共産党これからも頑張って」と訪問先では多くの激励をいただき、「しんぶん赤旗」の読者も増えました。

維新の会を支持されている方とも対話。「将来の子どもたちへの投資のために年寄りは我慢したらええねん」「都構想には賛成です」と語られました。そして、維新の会が、首長となり実践してきた塾代クーポンや私立高校の授業料無償化を評価されました。

私が、「今のままでも子育てや教育を充実する施策はできるということです。学校給食の無償化も大阪市があるからできるんです。子どもへの投資は大切ですが、そのことによって高齢者が犠牲になる必要はありません」と説明すると、「都構想反対派は、もっと分かりやすく説明せんとあかんわ。橋下さんみたいに」と言われました。

賛成派の方々との対話も参考になるものです。確かに分かりやすさは大事です。大阪市がなくなれば、市民の暮らしはどう変わるのか、実感してもらえるよう具体的に「わかりやすく」説明していきたいと思いました。

北区豊崎のスーパー「本峰」前での宣伝では、声をかけてくれる方、笑顔で頷いてくれる方、立ち止まって演説を聞いてくれる方がたくさんおられました。美味しい冷やし飴やのど飴の差し入れもあり、とても励まされました。

私自身、実はこの場所で宣伝することは稀なのですが、どうしてこんなに反応がいいのか考えてみました。

ひとつは、日本共産党への熱い期待の表れです。市民のみなさんは安倍首相が政権を投げだしたことに怒り、テレビに映し出される醜い後継者争いに辟易し、今こそ国民の立場で新型コロナや景気対策に力を入れてくれる新しい政治を求めておられるのだなと。市民と野党の共闘の発展を貫き、安倍政権の最も厳しい対決者として、悪政阻止、国民の苦難軽減、要求実現に奮闘してきた日本共産党への期待が高まっているからだと思いました。

ふたつは、ポスターやビラなどの効果が大きく現れているからだと感じました。この日訪問した城東区でも北区でも、たくさんの「清水ポスター」が貼り出されていました。24時間アピールしてくれるポスターの威力は絶大です。最近作製した「清水リーフ」の全戸配布も始まっています。そうした宣伝物が清水忠史という政治家の政策と実績を力強く示してくれているからこその反応です。

みっつは、党支部のみなさんに対する市民からの信頼の深さにあります。宣伝に参加してくださった支部のみなさんは、地域と深く結びつき、日常的に相談に乗るなど信頼関係をつくられてきました。そうしたみなさんが私のそばでビラを配り、のぼり旗を持っていてくださるからこそ、激励や差し入れがあったのです。これには感謝と敬意しかありません。とても楽しく元気の出る宣伝となりました。

さて、報道によると、次期総理候補の一人として菅官房長官が有力視されています。しかし、彼は最も身近で重要なポジションで安倍総理を支えてきた人物です。仮に首班指名を受ければ「アベ政治」の一番の継承者となるわけで、これほどたたかいやすい相手はないとも思うわけです。

新型コロナ対応や景気対策、公文書改ざん、カジノ議員逮捕等の問題について、厳しく追及するのみです。そのためにも、臨時国会は首相首班指名だけにとどまらず、本会議での代表質問や予算委員会で審議することを求めていきます。

【勇躍して情勢を切り開こう】

[活動報告]2020/08/31 更新

次の総理は誰なのかーーテレビや新聞はまるで安倍政権によるこれまでの悪政や失政がなかったのような報道で溢れています。安倍政権の支持率が上昇したとの世論調査まで目にしてしまい、めまいを起こしそうになりました。

いやいや違いますよと、ここはひとつ言わせていただきたい。次期首相として名前が取りざたされている、菅氏や岸田氏や河野氏は、これまで安倍政権を中枢で支えて来た人たちです。石破氏にしても安倍政権の政敵のようにもてはやされていますが、安保法制や共謀罪法、カジノ実施法はじめ、数々の悪法案に賛成し、2度にわたる消費税増税についても異議を唱えることはありませんでした。特に「戦場に行かない若者は死刑か懲役300年にしなくてはならない」と過去に行ったテレビ番組での石破氏の発言は絶対に忘れることができません。

突然の首相辞任で何かと戸惑いが生じると思いますが、私たちは安倍晋三総理大臣個人とだけたたかってきたのではなく、財界・米国言いなりの自民党政治そのものと対峙してきたことをもう一度よく思い出す必要があると思います。

集団的自衛権の行使を認めた閣議決定を取り消し、戦争法等の違憲立法をすべて廃案に追い込み、モリ、カケ、サクラの疑惑と河井夫妻&秋元議員の事件について、責任の所在を徹底的に明らかにするまでたたかいは続くのです。

また、大阪では吉村洋文知事が連日メディアに登場することで人気を博しているようです。公明党が都構想賛成に寝返ったこともあり、ともすれば何かと気後れしてしまいそうな情勢であることも否めません。しかし、そんな時だからそこそ、私たちは情勢を前向きに打開していくために、どんどん外へ打って出ていくことが求められていると思うのです。

30日に行われた日本共産党城北地区委員会の演説会には170名の方が参加してくれました。大阪市会議員の山中智子さんが臨時議会の様子をリアルに報告しました。代表質問から少数会派を締め出す維新や公明に対抗し、「市民とつながる暮らし第一」会派所属の2名の市議と共同会派を組み、都構想の設計図をつくる法定協議会で孤軍奮闘してきた山中智子さんの代表質問が実現したことは画期的出来事です。

新型コロナ禍で減収となった大阪メトロ(旧大阪市市営地下鉄)に、大阪市廃止後につくられる特別区の財源不足を賄わせる計画は絵に描いた餅であり、市民を欺くものであることなど、松井一郎市長を追い込み、「都構想」の欺瞞性を白日のもとに暴き出す見事な論戦を行ったことは、演説会に参加された方々の大きな確信となったことでしょう。

こうした事実を丁寧に伝えていけば、今度も住民投票を否決することは可能です。大阪市を守りたいという仲間を増やし、どんどん対話を広げていきたいものです。

午後からは、和歌山市へ赴き、真ん中世代と言われる30〜40代のみなさんを中心にしたつどいに参加し交流しました。

「本人解説!国会パブリックビューイング!」と題し、今年3月24日に森友事件を追及した私の国会質疑をビデオを上映しながら、安倍政権による政治の私物化や、国会質問の裏話などについて解説させていただきました。

参加された方から、国会議員の数や歳費を減らすべきではないかとの意見が出され、私は、「コロナで国民生活が苦しい時に、国会議員も身を切るべきとの意見があることは承知をしています。現在、国会議員だけでなく、多くの自治体が議員歳費を削減しています。しかし、そのことを国民に我慢を強いる方便とするとことがあってはなりません。新型コロナの感染拡大防止に取り組み、国民の命と健康を守り、落ち込んだ経済を立て直すために、知恵と力を尽くすのが議会人の最大の役割だと考えています。また、国会議員の数は諸外国に比べて決して多すぎることはありません。無駄を削るというのなら、年間320億円にものぼる政党助成金こそ廃止するべきではないでしょうか」とお答えさせていただきました。

さらにその後は、和歌山県自治体労働者後援会のつどいに参加し、PCR検査体制を戦略的に拡充するという日本共産党の提案や、市民と野党の共闘がどこまで発展したのか等について報告させていただきました。

ここでは新型コロナ対策で出費した国の財政について、どう立て直すのか、借金は返せるのか、社会保障の財源はどうするのか、について質問が出されました。私からは、「新型コロナ対策では、持続化給付金など、国民生活を守るための予算が成立しました。これらの財源ついては、当面、赤字国債の発行に頼らざるを得ませんが、将来的には負担能力に応じた税制改革によって国の税収を増やし、財政の健全化と社会保障の充実を両立していくことができると考えています。大企業や富裕層向けの優遇税制をただし、軍事費や無駄な公共事業の予算を見直せば実現できます」とお答えし、財界や米国に対し、国民の立場でキッパリものが言える日本共産党を大きくしてくださいと支持を呼びかけました。

まだまだうだるような暑さが続きますが、健康に気をつけながら、激動の情勢を前向きに切り開いていくために勇躍してがんばろうではありませんか。

長文失礼しました。(2020/8/30記)

【激動の情勢を主体的に切り開く】

[活動報告]2020/08/31 更新

東大阪市文化創造館での国政報告会。衆院大阪13区候補・かみの淳一さんと揃い踏み。安倍首相が辞任を表明し、政局が大きく変わる緊迫した情勢のもとで開かれました。

第2会場を設けてビデスクリーンで視聴してもらうなど感染防止対策を行う中で、230人もの方が参加してくれました。猛暑の中駆けつけてくださり、ありがとうございました。

テレビでは自民党の総裁選挙の報道ばかりが目立ちます。安保法制や共謀罪法、カジノ賭博の解禁、沖縄での蛮行や社会保障の切り捨てに加え、モリ、カケ、サクラに見られる政治の私物化について厳しく検証するメディアはありません。

やはり、私たちが主体的な力をつけて、希望ある政治の受け皿としてアピールしていかなくてはなりません。強く大きな党をつくり、市民と野党の共闘をさらに発展させ、政権合意に結びつけたい。

報告会終了後、お一人が入党を決意してくれました。とても心強いです。

政党名で「日本共産党」と書いてもらう比例代表選挙で躍進するためには、日本共産党とはどういう政党なのかを大いに発信していく必要があります。

必ず近畿ブロックで4議席回復へ、「比例は共産党」の大波をつくりだす。そうすれば小選挙区でも勝利の展望を掴むことができます。

かみの淳一さんは、市会議員の経験を持ち、医療の現場に携わってきたひとです。人の痛みのわかる政治家であると同時に、ギター演奏など趣味も多彩。まさしく21世紀の中ごろまで活躍できる東大阪希望の星です。ぜひ、二人揃って国会へ送り出してください。(2020/8/30記)