活動報告

【すべての人に結婚の自由を】

[活動報告]2021/03/28 更新
 同性婚を認めていない民法の規定等について、3月17日に札幌地裁が憲法14条に違反するとの画期的な判決を示しました。そのことを受け25日、すべての人に結婚の自由を求める「マリフォー国会」の院内集会が開かれ参加しました。与党からも大勢の議員が駆けつけました。立法府の役割と責任が求められています。同性婚を認める民法及び戸籍法の改正へみんなで努力を。
 集会前には党ジェンダー平等委員会(責任者・倉林明子副委員長)が、原告、弁護団のみなさんと懇談を行いました。(2021/3/25記)
 

【消費税5%の緊急減税を】

[活動報告]2021/03/28 更新

 国会では高齢者の医療窓口負担を2倍にした上、消費税を財源にした公的・公立病院の統廃合をすすめるとんでもない法律案が審議されています。消費税は決して福祉のために使われていません。今や世界56カ国が消費税を下げました。日本でもぜひ5%の緊急減税を。24日、新宿駅西口で訴えました。(2021/3/24)

 

【大阪4区民報24号】

[活動報告]2021/03/28 更新

大阪4区民報24号が完成しました。ご紹介させていただきます。(2021/3/23記)

 

【香芝市議選が告示】

[活動報告]2021/03/23 更新

 奈良県にあるJR香芝駅は、ホームと列車の段差が約30cmもある危険な駅の一つであり、宮本岳志さんや、私も過去に調査したことがあります。この度、地元の署名運動等が実り、段差解消やエレベーター設置のための予算が組まれました。21日、香芝市議選が告示。党議席空白克服に挑む青木つね子候補、中井まさとも候補の出発式に参加しました。(2021/3/22記)

【中小企業の資金繰り支援を】

[活動報告]2021/03/17 更新
 3月16日の衆院財務金融委員会の質疑では、政府に対し、中小企業の資金繰り強化と滞納問題への支援を求めました。
 ある企業が社会保険料の支払いのため金融機関に追加融資を求めたところ、逆に一括返済を迫られたと記した自民党政務調査会の実態調査を示し、納税猶予の特例措置を再び設けるべきだと主張しました。
 麻生太郎金融担当大臣も、そうした事例が起こっていることを認め、金融庁の監督局長は、「金融機関に対し、コロナの影響を受けている事業者の状況を十分に勘案し、貸し渋り・貸し剝がしを行わないのはもちろんのこと、そのような誤解が生じ ることのないよう、事業者の立場に立った最大限柔軟な資金繰り支援を行うことを要請しています」と答弁しました。
今回は自民党作成の資料を用いて政府への対応を迫りました。コロナ禍で苦しんでいる事業者を支援するのに与党も野党も関係ないと思っています。質問終了直後、自民党席から「ありがとう!」と声がかかったことに少し驚きました。