活動報告

【小川陽太及ばずも大健闘!】

[活動報告]2020/03/23 更新

本日、投開票された大阪市中央区の市議再選挙で、日本共産党の小川陽太は前回より得票数・得票率共に伸ばしましたが当選には及びませんでした。

ご支持いただいたみなさんに心から感謝いたします。選挙を支えていただいたスタッフのみなさん、お疲れ様でした。

どの街頭演説も決して気を抜かず、全力投球で訴え抜いた小川陽太候補の奮闘を心から称賛します!

小川候補(共産)3650票
塩中候補(維新)10177票 当
ごんせ候補(自民)6329票
投票率25.24%

(2020/3/22記)

 

【サクラサケ!小川陽太のもとに!】

[活動報告]2020/03/23 更新

サクラサケ!小川陽太のもとに!


【陽太の陽は太陽の陽】

[活動報告]2020/03/23 更新

季節外れの市会議員選挙が大阪市中央区でたたかわれています。一年前の統一地方選挙で当選した維新市議が、選挙違反で当選無効となり、再選挙になったからです。この選挙に臆面もなく維新から候補者が立候補して、カジノIRだ都構想だと叫んでいます。恥ずかしさのかけらもない連中だということです。

カジノは必ず不幸な人を生み出します。ギャンブルに依存する人を再生産しなければ利益が上がらない産業構造です。そんなものが経済成長と言えるはずがありません。

また、大阪市を廃止・分割する「都構想」の狙いは、大阪市の財源と権限を府に吸い上げ、ゼネコン奉仕の巨大開発を知事というひとりの独裁者が進めることのできる統治機構改革にあります。大阪市民や、隣接する衛星都市にもメリットはありません。

最終盤、日本共産党の小川陽太候補が大奮闘しています。2期8年の市会議員としての実績と経験を持ち、論戦力も抜群の政治家です。人当たりがよく、太陽のように明るい性格は多くの人を魅了しています。困った人がいればフットワーク軽くすぐに相談に乗る姿勢も素晴らしいです。

定数1を維新、自民と争う選挙。明後日が投票日と迫りました。私も今日は小川候補と街頭演説と商店街の練り歩きを行いました。明日も応援に行きます。中央区にお知り合いの方がおられましたら、ぜひお声がけをお願いいたします。(2020/3/20記)

 

【堺からのアピール】

[活動報告]2020/03/23 更新

20日、市民と野党の共同街宣「堺からのアピール」が中百舌鳥駅前で行われました。私からは新型コロナ対策の拡充、森友問題の再検証、軍事費削って医療に回せと訴え。立憲民主党衆院議員の森山さん、社民党の大椿さん、れいわ新選組の大石さんが参加しました。「国民は手を洗う。安倍政権は足を洗え」のプラカードに共鳴しました。参加された市民のみなさん、お疲れ様でした。(2020/3/20記)


 

 

【無意味で癒着生む制度は中止を】

[活動報告]2020/03/23 更新

企業が地方に寄付をした場合、税の軽減効果を9割にまで引き上げる「企業版ふるさと納税」の改定について19日、地方創生特別委員会で北村誠吾担当大臣と議論しました。

この制度は、地方創生の一環として、地方公共団体の地域再生計画事業に企業が寄付をした場合、損金算入と税額控除により9割の税金が寄付をした企業に戻る仕組みです。

例えば、企業が地方公共団体に100万円の寄付を行えば、90万円が税額控除されるという仕組みです。企業の負担は1また割ですむのです。

しかし、寄付を受ける自治体も、ネットでの広告料や人件費などが必要で、その額が受け取る寄付金の1割を超えるなら、寄付額以上に国と地方の税金が使われることになるのです。それならば、最初から国が地方交付税でそれらの事業を支援すればいいではないかと北村大臣に迫りました。

自民党政権が、三位一体の改革で地方財政を減らしてきたことが、地方の疲弊を生み出したことへの反省がまったくありません。

関西電力が経産省から業務改善命令を受けました。高浜町との間で長年不適切な関係が続いていたことが発覚きたからです。原発事業に支障が生じることを恐れた関電側が、元助役との不適切な関係を断ち切ることができなかったのです。このように、電力会社と原発立地自治体には必ず癒着が生まれます。

この間、東京電力と東北電力が、原発立地自治体の青森県の東通村に総額8億円のふるさと納税を行なっています。これは、原発再稼働を狙う電力会社が村長の求めに応じて行っていることが明らかになっています。第二、第三の関電問題を生み出しかねません。

税財政上も意味がない、企業版ふるさと納税制度の中止を求めました。(2020/3/19記)