活動報告

三途の川も金次第?柏原市長選挙から

[活動報告]2017/02/09 更新

夕張市のようになる!夕張市のようになる!ーーーいまたたかわれている柏原市長選挙では、維新、自民、両陣営とも競い合うように市民に対して財政破綻の危機を煽っています。来年には破産すると言明する候補までいるのですから異常です。

しかし、共産党も参加する「住みよい会」の江村じゅん候補が主張するように、柏原市の財政は危機的状況とは言えません。自主財源比率や地方債依存率を見ても43ある大阪府下の自治体の中でも中位となっているのです。

これらの事実を覆い隠し、さも破綻するかのように市民を脅しながらいっそうの市民サービス切り捨てを押し付けようとするのは、まさしく「夕張市のようなるなる詐欺」であり、決して騙されてはいけません。

柏原市は維新市長のもとで国保料も介護保険料が値上げされてきました。火葬場使用料は府下トップです。金がなければ焼いてもくれない…。これでは安心して三途の川を渡ることもできません(もちろん長生きしていただかなくてはならないのですが)。

トップダウン方式で悪政を強いてきた市政から、ボトムアップにより市民の声を拾いあげるあたたかい市政をつくるチャンスです。8日夜に開かれた江村じゅん候補の個人演説会で、ぜひとも勝利をとうったえました。

画像に含まれている可能性があるもの:2人

大阪肝臓友の会の方と懇談し、貴重なご意見、要請を聞きました

[活動報告]2017/02/09 更新

2月8日、幼少期の集団予防接種の注射器の使い回しなどでB型肝炎に感染した方などが、すべての肝炎患者が安心して生活できるための医療費助成と効果的な新薬の開発をもとめて国会要請に見えました。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、座ってる(複数の人)、テーブル、室内

患者のみなさんは、ずさんな医療行為によってウイルスに冒されました。B型肝炎は、日常生活の中では感染しません。空気感染するとか、一緒に鍋を食べたらうつるということはなく、正しい知識を周知していくことが大切です。

この間、人工透析患者を殺せとブログで書いて批判を浴びた人物が国政候補となったと報じられていますが、理不尽な差別は決して許されるものではなく、このような見識を持つ当人と、それを推薦する公党の資質そのものが問われる問題だと厳しく指摘しておきたいと思います。

昨年の通常国会の衆参両院で、肝硬変・肝がん患者への医療費助成実現を求める請願が採択されています。要請に来られた大阪肝臓友の会の小池真紀子さんたちに、私にできることは何でもやらせていただきたいと申し述べました。ご一緒に頑張りましょう。

2月5日は柏原市へ 市長候補江藤じゅんさん応援します!

[活動報告]2017/02/09 更新

朝一番に柏原市長選挙の出発式へ。日本共産党も参加する「住みよい会」から立候補した江村じゅんさんの応援に駆けつけました。

画像に含まれている可能性があるもの:3人、立ってる(複数の人)、屋外

現職の柏原市の中野市長は、複数の女性と密会していたことが発覚して市議会で問責決議を受けています。このかた四年前は維新の公認で当選しはったんですよね。今回は出馬せず、別のひとが維新の応援で立候補しています。負けるわけにはいきませんね。

府内43市町村のうち、柏原市の国保料、介護保険料はそれぞれ上から3番目、6番目に高いんです。火葬場使用料はいちばん高いとか。一方で市民の合意ないまま100億円もかけて小中一貫校をつくろうとしてるのです。民主的な市政への転換が必要です。

江村じゅんさんの出発式が行われた近鉄河内国分駅では、昨年10月に視覚障害を持つひとがホームから転落して亡くなるという事故がありました。地元共産党議員団とともにすぐに現場へ駆けつけ電鉄会社に安全対策の強化を申し入れたのが江村じゅんさんでした。抜群の行動力です。ぜひとも勝利してもらいたいです。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる、屋外

画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる、屋外

帰り際に寄った柏原市内のコンビニで、私の住んでいる福島区でよく出会う維新応援団のおじさんとバッタリ。市長選挙の支援に来てはる様子。雨具を着用してました。おじさんいわく「山田みのりさんよう頑張ってるな〜」と。日常的に街頭演説を行う市議候補の山田みのりさんの姿が印象に残っているんやなぁと。少し嬉しくなりました。おじさん、風邪ひかんといてくださいね。

昼から大阪4区に戻り、都島区のスーパー前3カ所で宣伝。「清水さん来るときはいっつも雨や〜」と嘆くかたがおられましたが、途中からやみました。雨男とちゃいますよ。

一カ所30分くらいの国会報告演説をさせていただきましたが、すべての宣伝場所を追っかけしてくれはるかたがおられましたので、出来るだけ話の内容をアレンジしました。引き出しの数を増やすことができるよう、しっかり勉強せなあかんと思いました。

気温も上がらない中、たくさん参加していただきありがとうございました。

行き倒れより食い倒れの大阪にーー予算委員会での論戦・赤旗より

[活動報告]2017/02/04 更新

【行き倒れより食い倒れの大阪にーー予算委員会での論戦・赤旗より】

刑法が禁じる賭博場・カジノを「成長戦略の目玉になる」という安倍晋三首相のもと、国内でのカジノ開設への細目を決める「実施法」の年内成立をねらう安倍内閣の暴走が続いています。日本共産党の清水忠史議員は3日の衆院予算委員会で、政府のカジノ推進方針の大きな問題点を指摘しました。

画像に含まれている可能性があるもの:3人、スーツ

【観光振興とは無縁】

清水氏が「刑法が禁じるカジノをなぜ政府としてすすめるのか」とただし、石井啓一国土交通相は「観光立国に資する」と答えました。

カジノ開設で海外の富裕な観光客を呼び込むというカジノ推進派のお決まりの主張です。

昨年、日本を訪れた外国人は過去最高の2400万人。カジノがなくても日本を訪れる観光客は大変な勢いで増加しています。

清水氏は、訪日外国人が何を期待しているかの調査(観光庁「訪日外国人の消費動向」=下横棒グラフ)を示し、「訪日客が日本に期待しているものは世界遺産にもなった和食、自然・景勝地観光やショッピングで、賭博をしたいという要求などない」と強調しました。

自動代替テキストはありません。

観光立国推進基本法の基本理念は、住民が誇りと愛着をもてる地域社会を掲げています。ところが、「住んでいる地域にカジノをつくる計画が持ち上がったらどう思いますか」という問いには75・3%が「つくらない方がよい」と答えているのが世論の実情です。

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

清水氏は「大半の住民がつくるなといっているカジノの誘致は『住んでよし、訪れてよし』という政府の観光政策の理念に反する」と厳しく批判しました。

【負の影響検討せず】

カジノは「大きな経済的効果がある」と安倍内閣は強調しています。

清水氏は、ギャンブル・パチンコ依存に起因する犯罪が警察庁の統計でも年間2000件を超えていることを指摘。カジノが、犯罪の誘発、勤労意欲の減退、多重債務、家庭崩壊、自殺など多岐にわたる負の影響を社会にもたらすことを追及しました。

清水氏は、韓国ではカジノによる経済的損失は年間7兆7千億円にのぼり、カジノの経済効果の4・7倍もの損失が出ていること(韓国「射倖産業統合監督委員会」資料)を示して追及しました。

清水氏は「負の影響を調べず、カジノによるバラ色の経済成長だけをいうのは無責任。マイナスについて統計を取るべきだ」とただしたのに、安倍首相は「法制上の措置を検討するなかで、マイナスの点についても検討していく」と答弁。

カジノの経済効果だけを主張しながら、カジノが社会に与える弊害、マイナスの効果を検討していないことが浮かび上がりました。

【カジノ万博いらぬ】

大阪では府・市が一体になって大阪市内の人工島・夢洲(ゆめしま)へのカジノ誘致に躍起になっています。2025年に「人類の健康・長寿への挑戦」をテーマにする万国博覧会を誘致するのとセットの計画です。

府民のなかからは税金の無駄遣いになると懸念の声が上がっています。

清水氏は「大阪は食い倒れのまち。カジノ依存症で行き倒れになるようなカジノ万博には反対する」と述べました。

【お知らせ】 2月3月(金)、衆議院予算委員会で質問に立ちます!!

[活動報告]2017/02/02 更新

【お知らせ】

明日2月3月(金)、衆議院予算委員会で質問に立ちます。

午後3時55分から4時22分までです。安倍総理以下、全大臣出席のもとでの基本的質疑です。インターネットで中継されます。精一杯頑張ります。応援よろしくお願いいたします。

http://www.shugiintv.go.jp/jp/

画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる、テキスト