活動報告

世直し盆踊り!暮らしと平和を守りましょう!

[活動報告]2014/08/31 更新

東成区納涼平和祭り~淀川区世直し盆踊りの両方に参加させていただきました。炭坑節、河内音頭などなど…。久しぶりに盆踊りの輪の中に入り、いい汗をかかせていただきました。多くの参加者から「維新に負けんといてや!」「次は当選してや!」などの激励をたくさんいただきました。天候にも恵まれ、楽しく交流させていただきました。おおきに!

広島等豪雨災害の支援募金に取り組みました

[活動報告]2014/08/30 更新

日本共産党大阪府委員会は、30日、京橋駅前にて、広島等豪雨災害の支援募金に取り組みました。城東区委員会の皆さんも駆けつけてくれました。短時間に48581円もの募金が寄せられました。ご協力いただいた皆さん、ありがとうございました。責任を持って被災地へお届けします。

広島市では県営住宅の抽選に外れ、避難所で生活することを余儀なくされている方がたくさん残されています。国や自治体が旅館やホテル、民間住宅を借り上げて、応急仮設住宅として提起することが急がれます。

不足していると言われている日用品を届けることと合わせて、さらに支援募金や活動に取り組みたいと思います。

松原市議会議員選挙で党候補が全員当選!

[活動報告]2014/08/26 更新

8月24日投票された松原市議会議員選挙で、日本共産党の4候補はそろって当選を果たすことができました。定数18に21人が立候補。激しい選挙でしたが、日本共産党は前回に比べ得票率を伸ばし、自民、公明と並んで第一党となりました。ご支援くださったみなさんに、感謝申し上げます。松原市会議員団は、休日救急医療体制の再生などの公約実現へ、全力を尽くします。

核兵器のない世界をめざして~原水爆禁止2014世界大会:広島に参加~

[活動報告]2014/08/07 更新

8月4日からの3日間、広島で開かれた原水爆禁止2014世界大会に参加しました。国連軍縮問題担当上級代表のアンゲラ・ケインン氏ら18ヵ国75名の海外代表が参加。海外や国内における草の根の核兵器廃絶の運動の交流に感動と刺激を受け、来年のNPT再検討会議で、核兵器禁止条約の締結にむけて核保有国を包囲するべく、大阪からも100万筆の署名を携え、国連本部へ150人の代表団を送り込むための決意を新たにすることができました。
今回、僕は大阪原水協の副団長として任務にあたりました。最大の任務は初日の開会総会でのマイクパフォーマンスです。6500人が集うグリーンアリーナの檀上で代表団がお揃いのTシャツに身をまとう中、ピースチャレンジャー隊の親分(大阪原水協の小松事務局長どの)と掛け合いコントの披露です。往路の新幹線の中だけでの打ち合わせのため、即興の感はありましたが、代表団のみなさんの協力もあり、何とかやり遂げることができました。

 

 

5日の分科会では岩国基地の調査行動に参加。2500億円もの税金(思いやり予算)を使って沖合を埋め立て、新滑走路を建設。2010年から運用を開始しています。岩国基地の米軍(海兵隊)は朝鮮戦争をはじめ、アメリカがこれまでアジアで行ってきたすべての侵略・干渉戦争に出撃しています。まさしく殴り込み部隊です。現在も米軍再編計画にもとづき、新格納庫の建設が始まっており、愛宕山には米軍住宅の新設も計画されています。東北では現在も仮設住宅で暮らしている人が大勢いるのに、その大きさの何倍もの豪華な住宅を建てるというのですから怒りが治まりません。まさしく思いやる方向が間違っていると思います。

 

6日は午前8時からの平和祈念式典に参加。大勢の参列者とともに原爆が投下された8時15分、黙祷を捧げました。松井一実広島市長が、「平和宣言」を行い、2020年までの核兵器廃絶をめざし、「核兵器禁止条約の交渉開始を求める国際世論を拡大します」と表明。さらに「日本国憲法の崇高な平和主義のもとで69年間、戦争をしなかった事実を重く受け止める必要があります」と述べました。
世界中で核兵器廃絶への機運と世論が高まる中、いつまでもアメリカの核の傘にしがみつく日本政府が来年のNPT再検討会議にむけて「被爆国」としてどのようなイニシアチブを発揮するのかが問われています。秘密保護法の強行、武器輸出解禁、集団的自衛権容認、原発再稼動など、国民の願いに反して「戦争する国づくり」をめざす安倍政権は、世界からいよいよ孤立し、国内でもその矛盾を耐えがたいものへとしています。
今こそ、被爆国の政党として、戦争に命をかけて反対を貫いた政党として、日本共産党の頑張りどきだと思います。来年のNPT再検討会議を成功させるために、僕自身もピースチャレンジャー隊の一人として、大阪の目標である、100万筆の核兵器廃絶アピール署名の達成をめざしてがんばります。そして、ニューヨークをめざします!

金権政治ただして原発ゼロの日本を

[活動報告]2014/07/31 更新
毎週木曜日は、北区労働者後援会のみなさんと早朝宣伝に取り組んでいます。今朝は関西電力本店前です。安倍政権の亡国の政治を食い止めるべく、国民の立場での政治の転換を呼び掛けました。とりわけ、原発から抜け出して自然エネルギーへの大転換をはかることを強調。5月21日に福井地裁が大飯原発の再稼働差し止め判決を下しました。判決内容は、大飯だけでなく、先ごろ原子力規制委員会が適合基準に合格していると判定した、九州電力川内原発にも当てはまる内容です。
安倍首相が九州電力会長と会食し、「(再稼働を)なんとかしましょう」と述べたと報じられました。また、関電元副社長が、歴代首相に毎年2000万円の献金を行っていたことをインタビューで明らかにし、大問題となっています。原子力産業協会が自民党に3億円もの献金を行っていることも周知の事実です。
金権政治によって、人の命や暮らしが軽んじられているとしたら、これほど許せな…いことはありません。原発がなくても電力不足は起こっていません。すべての原発を廃炉にする決断を政治がおこなってこそ、自然エネルギーへの本格的な転換がはかられます。
関西電力には福井地裁の判決と、国民の願いを受け止めて、再稼働を断念してもらいたい。そのことが、関西電力で働く人々と国民とのいまだ残る対立や分断を解消し、ともに未来に責任あるエネルギー政策推進へ協同できる条件をつくりだすと考えるからです。大企業優遇政治は転換すべきですが、大企業で働く人々こそ、私たちが大切にしなくてはならない仲間だと思っています。これからも、労働者向けの宣伝では、大上段に構えた紋切型の演説ではなく、より謙虚な姿勢で語りかけたいと思います。