活動報告

提案し、行動する。日本共産党の清水ただしです。

[活動報告]2012/12/03 更新

 

12月2日(日)夜、梅田お初天神のライブハウス・アムホールにて、各党の論客と並んで青年100人と対話するトークイベント「Big buzz」に日本共産党を代表して参加してきました。

当日はユーストリームでも配信されました。動画はこちらのサイトで見ることができます。http://www.youtube.com/watch?v=Pm05v1LsY3Q&feature=youtu.be または http://msbb.jp/です。

写真前列左から公明党参議院議員の石川さん、民主党元府会議員の尾辻さん、社民党衆院予定候補の井上さん、清水ただしを挟んで自民党堺市議の野村さん、維新の会府議の紀田さんです。テーマはスバリ"雇用"について。原発や消費税も大事な問題ですが、格差と貧困を拡大してきた雇用問題こそ、各党の政策をたたかわせ、有権者に見極めてもらうべきテーマだと思います。共産・民主・自民・公明・維新・社民の代表がそれぞれのテーブルについて、青年たちと直接交流。私のテーブルでは長時間過密労働や最低賃金、障害者雇用の問題などについて質問があり、丁寧にお話させていただきました。その後、非正規雇用をなくすためにはどうすればいいかという質問に他の政治家のみなさんと一緒にフリップに書いて説明。最後は参加した青年から、どの政党の雇用政策に共感できるかという支持投票もおこなれ、大いに盛り上がるイベントとなりました。今回のルールの中には「他党の政策を批判しない」というものがありました。まさに、提案し、行動する日本共産党の政策と役割を語ることができましたし、私自身は二年以上パーソナリティを務めている派遣村TVの経験が活かされたと思います。また、青年の生の声をきき、それを政策に反映して実現していくことの大切さを学びましたし、他党のみなさんの雇用政策についても認識を広げさせていただくことができ、とても有意義な時間を過ごすことができました。参加者のみなさん、スタッフのみなさん、お疲れ様でした。

 

12月1日には、トークイベント「22世紀の子どもたちへ」に参加。2人の息子さんに愛情を注ぎ育ててこられた落語家の笑福亭竹林さん。橋下市長がかつて「所詮、子どもは恐怖心でしかコントロールできない」と発言をしたことにご立腹。前大阪市長の平松邦夫さんとともに熱く教育論を語られました。第二部では私もご指名をいただき、前市長の平松邦夫さんと、前自民党府会議員の徳永しんいちさんと舞台に上がってトーク。競争と序列の教育を押し付ける教育基本法の問題点などを指摘させていただいたうえで、学童保育の補助金廃止を市民の運動で撤回させたことなどに触れ、「一年前に始まった大阪の民主主義を守ろうという動きは確実に発展してきていると思う。みなさんと素晴らしい大阪を守っていきましょう」と発言させていただきました。

11月29日には、大阪の台所と呼ばれる大阪中央卸売市場へ入り、赤旗号外を配布し仲卸のみなさんと対話をさせていただきました。消費税が上がれば仲卸の皆さんは大変。荷受との取引は外税、買い出し人との取り引きは内税、いまでも値引きを要望されており、増税されたら大打撃です。「どこに入れたらええか分からんわ~」という業者には、「スジを通しブレない党がありまっせ~!消費税以外に財源つくります!」と対話しました。デフレ不況克服のためにも、消費税増税を中止に追い込み、中央市場に活気を取り戻すために頑張ります!

同じ日に、比例代表近畿ブロック予定候補のみなさんと法廷ビラ用の写真を撮影しました。翌日には政見放送の収録。7人のチームワークで見事成功を収めることができました。どんな課題にも提案し、行動する日本共産党の姿をズバリ示す内容になったと思います。公示日以降、ぜひご覧いただければと思います。

11月19日、関西電力が正式に値上げを表明したことを受け、電気料金の値上げ撤回と大飯原発即時停止を求める申し入れを行いました。大飯原発に続く再稼働ができない状況が続くと財務体質が悪化することを値上げの理由にしています。まるで、「値上げが嫌なら他の原発も再稼働させよ」と脅しているようです。しかし実際は、原発依存を続けることこそが経営を悪化させていると言わなくてはなりません。福島第一原発の事故を見ればわかるように、いったん大事故が起これば賠償や除染に莫大な費用がかさみます。関電は電力事業者11社中、最も原発依存度が高いのです。異常に高い液化天然ガスの価格を引き下げる努力を行うこと、総括原価方式をあらためるなどを実行すれば、電気料金の値上げは抑制できるはずです。原発を稼働し続ければ、捨てる場所のない使用済み核燃料が際限なく増えていきます。6年もすればプールからあふれるというではありませんか。原発はただちにゼロにすることが一番の解決策です。強く申し入れました。

同日、防衛省近畿中部局を訪問し、オスプレイ配備の撤回と、危険な飛行訓練の中止を求める申し入れも行いました。オスプレイの飛行訓練は沖縄だけでなく、和歌山県を飛ぶ「オレンジルート」、鳥取・京都・兵庫の県境を飛ぶ「ブラウンルート」で行われることが確認されています。オスプレイの訓練がドクターヘリの出動と重なり、ニアミスや重大な事故につながる恐れがあるのです。防衛省近畿中部局としては「オスプレイにかかわらず米軍機の飛来については承知しない」という回答に唖然としました。こんなことで国民の生命と財産が守れるのでしょうか。日米安保条約をなくして、オスプレイも米軍基地もない平和な沖縄・日本をつくりたいと思います。

福島医療生協健康まつり、路地裏を走り〃政治変えて〃の声を聞く!

[活動報告]2012/11/25 更新

晴天に恵まれた11月25日、福島区で医療生協の健康まつりが開かれ、私も参加しました。「ぜひ漫談をやって盛り上げてください」と事前に要請されていたので、バナナと衣装を持参してバナナの叩き売り・社会保障バージョンをお届けしました。医療・年金・介護など、高齢者をめぐる環境は日々深刻になっています。口上の中で「毎年のように減らされる年金から天引きされる介護保険料の高いこと…」と語ると、「そうや!そうや!」と合いの手が自然とかかります。消費税にたよらず財源を確保し、社会保障の充実をはかる政策をどんどん訴えていきたいと思います。模擬店で販売している、フランクフルト、おでん、ぜんざい、コーヒーを購入し、お腹もいっぱいになりました。

午後からは、福島区の大開地域を訪問。ある飲食店では女将さんが応対してくれました。「店は暇。いつ潰れるわからへん。娘は正社員で働いてるけどブラック企業や。何とかしてんか」と社会への不満を吐露。やはり、景気回復の決め手は働くルールの確立と中小企業支援です。消費税増税などもってのほかです。別の女性は「テレビ見てたら政党の数が多すぎてどこへ入れたらええんかわからん」とお話されました。私からは、「日本共産党は昨日今日できた政党と違います。名前変えたり他の党とくっついたりフラフラしません。100年近い歴史を誇り、あの戦争に命がけで反対を貫いた政党です。信頼して応援してください」とうったえました。偶然出会った喫茶店のママさんとも対話。「うちのお客さんは公明党の人が多いけど、人柄で選ぶんやったら清水さんやでって、みんなに広げてんねん!」と嬉しい報告。最近は党のポスターも貼り出して協力してくれています。

その後、自転車に乗って海老江地域の路地裏を宣伝。写真左は山田みのり生活相談所長です。あちらこちらの家から出てきて激励をしてくださいます。「清水さんの声やとわかったで~」と言って出てきてくれた女性は、年金が減らされることへの憤りを語られました。「うちとこも大変やで」と別の女性が言い寄ってこられます。さながら道端で小集会のようになりました。「何十年も掛けてきた年金が生活保護より少ないのはおかしい。だからと言って生活保護費を減らすのは本末転倒。皆さんの年金を上乗せして豊かにくらせる社会をつくります。65歳になっても年金支給せえへんなどと言っている、橋下さんたちには負けられませんがな!」とお話させていただきました。

店先で掃除をしていた女性からは、「あんた、このごろ全然姿を表さんやないか!どこ行ってんのん!」とお叱りの言葉が。参議院選挙に出馬するために大阪市会議員を任期途中で辞職した私は、福島区の皆さんにはご迷惑をおかけしてきました。しかし、国の政治をただすことなしに、福島区民の暮らしと営業を守ることはできない。国政に挑戦を決断したときの思いは変わっていません。必ず国政へ駆け上がります!そして政治家として鍛え、育て上げてくれた福島区の皆さんの御恩に報いたいと思います!

和歌山3区を駆ける!

[活動報告]2012/11/25 更新

11月24日、特急くろしお号に乗車して一路和歌山県の紀伊田辺へ。和歌山3区での活動です。JR紀伊田辺駅に到着して、すぐに売店の女性に演説会場である紀南農協ふれあいセンターまでの交通手段を聞きました。「歩いて行けますか?それともタクシーに乗った方がよいですか?」。その方は 「自転車が便利やねぇ」(笑)とおっしゃいました。確かに駅前にはレンタルサイクル店が。しかし借りた自転車を返却する時間はないため、歩いて会場へ。紅葉し始めた山あいの景色を眺めながら向かいました。自然に囲まれた美しい街です。

会場には大勢の方が参加。和歌山3区予定候補の原やすひささんと訴えました。和歌山県は人口減少率は秋田県に次いで全国2番目という水準。独居老人の割合、若者の県外移住は全国一です。原さんは、農林水産業を基幹産業と位置づけ、雇用を増やし、若者が住み続けることのできる和歌山県にしたいと強くうったえました。このままでは集落がどんどん消滅してしまいます。消費税増税を中止して、安心して暮らせる社会をつくるために、国会へ押し上げていただきたいと述べました。

森林組合から激励のメッセージも届きました。保守王国と言われる和歌山3区でも、自民党政治への批判が強まり、「もう原さんしかおらん」との声が広がっているそうです。私からは、「政党の数がいくつ増えようと、根っこは同じ。60年続いた自民党型政治であり、その対極にあるのが日本共産党。議席倍増で財界中心・アメリカいいなりの政治を変えましょう」とお話させていただきました。

演説会終了後、初老の男性からは「わかりやすい演説やった。関西大学で政治学を学んだワシが言うんやから間違いない」と感想を述べてくれました。他の女性は「録音したかったわ~。それくらいよかったよ!」と激励。何よりです。

リサイクルショップ?それともアウトレットのお店?なぜこんなところに党の宣伝カーがあるのかと不思議に思われるかも知れませんが、この場所が原やすひさ和歌山3区候補の事務所になるそうです。ハワイアンなツリーもイカしてますね。休憩後、田辺市会議員団の皆さんと銀座商店街などで街頭演説に臨みました。多くの方が手を振ってくれ、反応の高さを感じました。

夜は御坊市へ。市役所そばにある商工会館での演説会に参加。「赤旗でいつも見てるよ~。今日は話を楽しみにして来たんよ!」と声をかけてくれる方も。ここでも、国民生活に直面する様々な課題に対し、改革のビジョンを提案し、実現するために行動する日本共産党の政策と役割についてお話させていただき、最後に「今度の選挙は憲法を守るたたかいです。国防軍だとか、徴兵制だとか、歴史の歯車を逆転させるような勢力に負けるわけにはいきません。被爆国である日本において、核武装のシュミレーションなど許せません。党をつくって100年近い歴史を誇り、あの戦争に命がけで反対した日本共産党を大きく伸ばして、憲法9条を守りましょう!」と呼びかけさせていただきました。

 

大阪13区事務所開き~都島区を駆ける!

[活動報告]2012/11/24 更新

11月23日、大阪13区から出馬予定・てらやま初代さんの事務所開きに出席。自民現職が維新府議の息子を後継に指名したことにより地元の自民党は猛反発とか。家族会議で議席を牛耳るようなことでは困ります。

私からは「民主党にはガッカリ、自民党にはコリゴリ、第三極はサッパリです!やっぱり日本共産党を伸ばして財界中心・アメリカいいなり政治をただしましょう!地上最強生物(笑)と言われる東大阪のおばちゃんパワーでてらやまさんを国会へ押し上げ、政治を国民の手に取り戻そうではありませんか!」と訴えさせていただきました。

午後からは大阪4区の都島区へ。地下鉄都島駅でハンドマイクによる宣伝。信号待ちをしている人もじっと聴いてくれているようでした。たまたま通りかかった旧友とも再会。やっぱり街頭へ出るといいことがありますね。一見イカツい感じの男性も「ファンなんです。一緒に写メ撮ってください」と駆け寄ってこられました。お連れの女性が「橋下市長大っ嫌いやねん!共産党がんばって!」と激励してくれました。佐藤文子さん、上野とき子さんという二人の元市議や、後援会の皆さんがたくさん集まってくれて勇気を頂きました。私たちが宣伝を終えた後には維新の会の大阪市議が同じ場所でマイクを持ち始める、公明党や社民党の宣伝カーが交差点を行きかう。さながら選挙本番の様相を呈してきました。

その後、毛馬町にある喫茶店でミニ集会。常連のお客さんをはじめ6人の方とコーヒーを飲みながら政治談議。私からは「演説会ではありませんので、ざっくばらんに皆さんの質問にお答えします」と述べると、ママさんが手を挙げて「コスプレは好きですか~?」といきなりの直球(笑)一同ドッと沸き、緊張がほぐれ、和気藹々とした集会となりました。マスターからは、「アメリカに守ってもらっているんやから、軍事費減らすのは賛成でけへんなあ」との意見。「在日米軍は海兵隊。日本の防衛とは無関係の殴り込み部隊ですわ。その証拠に普天間基地のヘリ部隊は半年は国外で訓練してますやろ。米軍基地がある限り、オスプレイや普天間問題、米兵犯罪を解決することはできません」と私から述べました。他のお客さんからは「尖閣諸島はどうやって守るん?」とのご質問。「軍事的対応ではなく、話し合いで解決することが大切。志位委員長はどの党にも先駆けて中国大使館へ行き、尖閣諸島の領有の正当性を堂々と主張しました。立場は違っても議論して解決の糸口をたぐりよせる努力。これこそが外交の力ちゃいますか」と説明。御納得の様子。年金問題や原発問題でも話が盛り上がりました。あまり積極的支持者ではないと聞いていたママさんからは「あんた、なかなかバイタリティあるわ。応援するし頑張りや!」のお言葉。嬉しく思いました。

その後も後援会の決起集会や街頭での宣伝を行い、夜は京橋へ。赤旗を読んで応援してくれている飲食店を軒並み訪問し対話をすすめました。ある立飲み屋の御主人は、「景気はサッパリや。OBP(大阪ビジネスパーク)あたりでも松下やNECなんかがリストラしてるやろ。客が流れてけえへんわ」と嘆いておられました。こんな時に消費税の増税などとんでもありません。増税に頼らない財源論を提案している日本共産党が伸びれば、必ず再来年からの増税を中止に追い込むことができるでしょう。

夜は妻と一緒に自宅近くの飲食店のオフ会へ。初めてお会いした薬剤師の男性は「TPPに反対してください」と声をかけてくれました。アルバイトをしている女性も「二十歳になりました。初めての選挙で清水さんの名前書かせてもらいますね」と言ってくれました。若い人たちに希望を与える政治への転換をめざして奮闘する決意をあらたにしました。

梅田ヨドバシカメラ前で市田書記局長と演説

[活動報告]2012/11/19 更新

11月18日、大阪駅ヨドバシカメラ前で市田忠義書記局長を迎え、街頭演説に立ちました。急きょ決まったにもかかわらずたくさんの方が集まってくれました。また、道行く人々が次々に足を止め、総選挙への関心の高さを現していました。
街頭演説をTwitter知って駆け付けてくれた男性は、「今の子どもたちが成人した時に、あの時の政治家が頑張ってくれたと感謝されるような議員になってください」と叱咤激励してくれました。
目まぐるしくスケジュールも変化しています。まさに本番さながらの様相です。一ヶ月間の短期決戦ですが、有権者の日本共産党への期待と関心は確実に高まっていると確信しています。悔いのないように全力で頑張ります!