活動報告

摂津市長には労働者の心がわかる、同姓の清水信行さんをよろしくお願いします

[活動報告]2016/09/12 更新

9月11日、摂津市長選挙に出馬された、明るい会の清水信行さんの応援に行きました。親戚関係にはありませんが親しみを感じます。

北摂でいちばん高い水道料金の引き下げを求め、小学校跡地の売却を許さず、市民合意のもとで活用することを訴えている清水信行さんに期待が広がっています。

選挙戦は安倍政権にも維新政治にも擦り寄る現職市長と、自民党から維新に鞍替えするも市長選挙では推薦が得られなかった女性市議との三つ巴となりました。

ダイキン工業で40年勤めた経験をいかし、市内労働者の正規雇用の促進を目指す清水信行さんこそ市長にふさわしい候補です。ぜひ、ご支援をお願いいたします。

陸自信太山駐屯地のある和泉市で 原しげき市議候補と訴え

[活動報告]2016/09/08 更新

現在、市議選がたたかわれているいる大阪府和泉市には陸上自衛隊の信太山駐屯地があります。そのすぐそばで、候補者の原しげきさんとともに支持を呼びかけました。

自民党は、自衛隊は軍隊ではなくあくまでも自衛のための実力組織としてその存在を正当化してきました。ところが今は国防軍として憲法に書き込もうとしています。恥ずかしげもなく国民を欺くやり方は許すことができません。

憲法9条の条文に照らせば自衛隊がそれに矛盾する組織であることは否めません。矛盾の解決方法は、憲法を変えるのではなく、現実を憲法に合わせていく努力を積み重ねていくことだと共産党は考えています。

日本を取り巻く様々な脅威が消滅し、アメリカとの軍事同盟からも抜け出し、北東アジアはじめとする世界情勢に誰もが認める真の平和がもたらされたとき、国民合意のもとに段階的な縮小を経て、自衛隊をなくしていくことを将来の展望としてかかげています。

しかし、今は自衛隊の存続を求める国民の声は多数です。仮に共産党が加わる政権ができたとしても、自衛隊をすぐに解散することは絶対にありません。

問題は、専守防衛に志を抱き、大規模災害の折には危険をかえりみず救出・救援活動に取り組んでいる自衛隊員を、海外の戦闘現場に派兵し、危険な任務に就かせようとしている安倍政権の軍事戦略にこそあるのです。

ゴミ袋の料金値下げ、学校給食の自校調理方式存続などの要求と合わせ、憲法守れという和泉市民の願い込めた一票は、反戦平和貫き、自衛隊の海外派兵にキッパリ反対する日本共産党の候補者へ。

「部落差別永久化法案」を考える市民学習会で 国会報告を行いました

[活動報告]2016/09/08 更新

9月7日夜、衆議院で継続審議となっている部落差別永久化法案について考える集会が八尾市で行われ、国会報告を行いました。

14年も前に同和対策特別立法は終了しており、大阪市でさえ、同和地区や住民はいないと回答しており、なぜこのような法案が出てきたのか、部落解放同盟の横暴とたたかい、同和問題の解決のために努力されてきた団体や個人からは怒りの声が上がっています。

法案は「部落差別」の定義さえ置かず、インターネット上の差別的書き込みが増えていることなどを理由に、国と地方に相談窓口の拡充、実態調査の実施、同和教育の推進に努めることをもとめています。

この日講演に立たれた石川元也弁護士は、部落解放同盟の度重なる暴力と糾弾の横暴と裁判を通じてたたかってこられた歴史を紹介。「この法案を許せば再び解同タブーを招き、言論表現の自由、思想・内心の自由に対する侵害がおこる」と批判し、過去の判決や政府の文書をしっかりと位置づけ、マスコミにも本来の使命感を求めていこうと呼びかけました。

同じ市民でありながら差別する人とされる人を特定し、それをなくすための法律をつくるのではなく、全国部落解放運動連合会がかつて示したように、地域社会における社会的交流が進み、部落問題に関する非科学的認識が受け入れられない状況をつくることが解決の基本方向であることを、今一度確信にして頑張りましょう。

和泉市議選告示!元気よく訴えたあとは旧友の心遣いに感謝

[活動報告]2016/09/04 更新

9月4日、和泉市議会議員選挙が告示されました。日本共産党は現有3議席の確保を目指して頑張ります。

●小学校卒業までの医療費助成
●学童保育を小学校6年生まで対象に
●妊産婦検診の拡充
●泉北高速鉄道の運賃引き下げ

これらは党議員団と市民の努力で実らせてきた実績です。

引き続き党議員団は、

●学校給食の自校調理方式の維持
●コミュニティバスの料金値下げと路線の拡充
●有料化されたゴミ袋の値下げと種類拡大の実現
●すべての普通教室にクーラー設置
●住宅リフォーム助成制度の創設

などを公約に掲げています。

今度の市議選では、おおさか維新の会が初めて3名の候補を擁立。事前に配布されたビラには住民投票で明確に否決された「都構想を目指す」との文字も。身を切る改革を叫びながら、政務活動費に関わる地方議員の度重なる不祥事については一切語られていません。日本共産党は、パフォーマンス政治の持ち込みを許さず、暮らし優先の市政へ全力を尽くします。

この日は、突然の豪雨に見舞われることもありましたが、忠岡町の河野隆子議員とともに宣伝カーに乗り、元気よく10カ所で訴えました。途中、ベビーカーを押している女性から「この子も待機児です。保育園お願いします」と直接要望を受けました。切実な思いをしっかり市政に反映させていく議員を選んでいただきたいと思います。

 

 

自宅に戻ると旧友が自家製の猪肉や自前の畑で採れた野菜を持って来てくれるところでした。先日、少し夏バテ気味かもしれないとメールで伝えたところ、「俺には何もでけへんけど、美味いもんでも食って元気出してくれ!」と気を利かして持ってきてくれたのです。僕の大好きな仮面ライダーのフュギュアも一緒に。

とても美味しくいただきました。身体中に元気が漲るようでした。明日からも頑張ります。

 

一般社団法人・日本セカンドライフ協会関西地区での講演

[活動報告]2016/09/04 更新

9月3日、企業を退職された方で構成する一般社団法人・日本セカンドライフ協会関西地区の催しに招かれ講演いたしました。

各党の国会議員と身近に懇談することをコンセプトにした取り組みは、今回の私で14回目になるそうです。過去、共産党からは宮本岳志衆議院議員も参加されています。持ち時間は90分間。自己紹介に始まり、入党の経緯や共産党を選んだ理由、党の政策や活動内容についてお話しさせていただきました。

大企業出身の方が多いと伺っていましたので、党が大企業を敵視しているのではなく、社会的な責任を果たしてもらう経済民主主義を求めている点についても力を入れて話しました。そして、自衛隊問題や天皇制についての態度など、あらかじめ準備されていた質問にも丁寧にお答えしました。

参加された方からは、「憲法に矛盾している自衛隊を活用するのは虫が良いのでは?」「共産党は理想主義すぎる印象だ」「話は上手いが、私らの考えを変えるまでには至らない水準」など、辛辣な感想もありましたが、「昔に比べたら日常活動が弱まっているのでは?」「後継者を育てる努力を追探求してほしい」など、貴重なご意見もたくさんいただくことができました。

ある方は「欧州の左翼政党は、少人数の集会を連日開催して政権に近づいた。そのことをよく学んで頑張ってほしい」と述べられ、また別の方は「自民党も共産党も嫌い。労働者の味方であることをさらにアピールしてほしい」と期待をこめて語ってくださいました。

支持者でない方がほとんどで、緊張もしましたが、大変勉強にもなりました。日本共産党への誤解や偏見が少しでも取り除かれたことを願うばかりです。