活動報告

岡山市・津山市のつどいでも仲間が増えました!(11月27日)

[活動報告]2016/12/04 更新

岡山市、津山市で開かれた集い。あいにくの雨模様でしたがどちらも会場いっぱいの参加者で溢れました。10代の青年が党の仲間に加わる決意をしてくれました。リクエストにお応えして披露したバナナの叩き売りの口上も喜んでいただけたのではないかと思います。これからも明るく楽しく元気に活動を進め、仲間をもっと増やしていきたいです。

葡萄の町 柏原市の演説会で入党者を迎えました(11月26日)

[活動報告]2016/12/04 更新

自然豊かで歴史と文化の香る町。そして葡萄の名産地でもある柏原市での演説会。後から椅子を追加する盛況ぶり。入党していただける方も迎えることができました。本当にありがたいことです。

衆議院大阪14区予定候補の小松ひさしさん、地元市議のお二人と揃い踏み。都会のイメージの強い大阪府内にも全国に売り込むことのできる独自の農産物があるのです。これを大切にしなくては。そういえば赤ワインが飲みたくなってきました(笑)

11月26日、柏原市2か所で演説会があります!!

[イベント案内 | 活動報告]2016/11/26 更新

【お知らせ】

11月26日(土)に衆議院大阪14区内で2ヶ所の演説会が開催されます。

午後2時から柏原市の柏原アゼリアにて私、清水忠史が、午後7時からは八尾プリズムホールで宮本岳志衆議院議員が、それぞれ小松ひさし衆議院大阪14区予定候補と訴えます。お越しいただければ幸いです。

来年2月に行われる橿原市議会議員選挙予定候補のみなさんと揃い踏み!

[活動報告]2016/11/26 更新

11月23日、近鉄・大和八木駅前での街頭演説にはたくさんの方が集まってくださいました!

私からは、国会の情勢報告と日本共産党を大きく伸ばしてくださいという訴えを行いました!

来年2月に行われる橿原市議会議員選挙の予定候補のみなさんと揃い踏み!と、その時足元のスペースかあまり取れずに宣伝カーから危うく落ちそうに(笑)しかし、選挙戦では落ちないように頑張らなくては!

ギャンブルの規制不十分!消費者庁が指導性を発揮するべき

[活動報告]2016/11/22 更新

ギャンブル依存症は疾病であり、国内において確立した治療方法はないーー今日の消費者特別委員会の質疑で厚労省が答えました。

推計536万人もいるというギャンブル依存症患者への対策を強化すると同時に、これ以上増やさない取り組み、すなわち依存症を予防することが必要です。

そのためにも消費者に必要な情報提供が不可欠です。例えばタバコには喫煙が健康を害するという警告表示の義務や、広告規制があります。

しかし、パチンコや競馬にはそうした規制が不十分です。ギャンブルを所管する各省庁が自発的に取り組まない以上、強い権限を持つ消費者庁が指導性を発揮するべきです。

ところが松本消費者担当相は、こうした私の求めに対し、「医療で適切な対策を講じるべき」と無責任な答弁に終始しました。まさしく消費者行政の役割を投げ捨てるものだと批判しなくてはなりません。

また、松本大臣がカジノ推進議連に名を連ねていることを問題視したところ、「カジノは成長戦略のひとつ」と開き直り、大臣でありながら消費者被害を生み出す賭博推進の姿勢をあらわにしました。

カジノ解禁は依存症対策にもなると推進派は主張していますが、それを防止するための施策に目を向けないのであれば、結局はカジノを進めるための方便だと言わなくてはなりません。

国会議員であるならば、病的賭博患者が多重債務に陥り、犯罪や自殺に誘発されているこの国の現実を直視して、その対策をしっかり講じるべきです。大臣としての資質が問われています。引き続き追及を重ねていきます。