活動報告

【城東区の大阪市会議員補欠選挙が告示されました】

[活動報告]2022/07/01 更新
 7月1日、城東区の大阪市会議員補欠選挙が告示されました。日本共産党は岡本こうしさんを擁立し、参院選と一体に頑張ります。出発式には、たつみコータロー参院候補も駆けつけました。
 大阪府任せの貧弱なコロナ対策、カジノ誘致への市税投入など、市民の声を聞かぬ松井・維新市政と正面から対決してきたのが日本共産党市会議員団です。
 岡本こうしさんは、いつもみんなの先頭に立って政治を変えるために努力されてきた方です。府会議員候補として活動した経験もあり、まさに試され済みの即戦力です。
 カジノストップ、国保料引き下げや認可保育所の増設など、暮らしを守る日本共産党の岡本こうしさんをよろしくお願いいたします。
 

【底力を発揮して必ず比例5議席、大阪ではコータロー候補の勝利を】

[活動報告]2022/07/01 更新
 29日の夕方以降は、たつみコータロー候補者カーに乗りこみ、住之江区や西成区で支持を訴えました。
 仕事上、性的マイノリティの方との出会いが多いという方が、演説を聴いてくださり、日本共産党への支持を表明してくれました。
 たつみコータロー候補がLGBTの問題を公約に入れてくれていて信頼できるとも。絶対に維新に勝ってくださいと力強いエールを送ってくれました。
 参院選は後半に入ります。底力を発揮して必ず比例5議席、大阪ではコータロー候補の勝利を。ご支援よろしくお願いいたします。(2022/6/30記)
 

【現役世代の所得の向上は大きな争点です】

[活動報告]2022/07/01 更新
 29日、東淀川区の演説会で応援スピーチしてくれた方は、「結婚した娘から『もうひとり子どもを産んだ方がいいのかな?』と問われた時に、娘夫婦の生活実態を思うと即答できませんでした」と寂しそうに語りました。
 出産や子育てがリスクとなる社会は変えなくてはなりません。現役世代の所得の向上は大きな争点です。
 中小企業支援と一体の最低賃金の大幅な引き上げを。そして、正社員が当たり前の社会を。たつみコータロー大阪選挙区候補、西田さえ子比例代表候補とともにうったえました。(2022/6/30記)
 
 

【参院選8日目は枚方市からスタート】

[活動報告]2022/07/01 更新

 岸田首相は、消費税が社会保障の「安定」財源だとして引き下げを拒否しています。確かに、取る方からすれば安定しているかもしれませんが、取られる方からしたら、どんなに苦しくても生きていくために収めざるを得ない消費税ほど「不安定」かつ「不公平」なものはありません。参議院選挙で減税実現への流れを加速させましょう。参院選8日目は枚方市からスタートしました。(2022/6/29記)

 

【参議院選挙7日目は奈良県で活動しました】

[活動報告]2022/07/01 更新
 参議院選挙7日目は奈良県で活動しました。学園前駅では、「年金削減を中止して現役世代にも信頼される年金改革を」との私の訴えを、バスを待っていた方々が真剣な眼差しで聴いてくださいました。
 演説場所では、地元の後援会方も弁士となってくれました。長崎で被曝され、家族を亡くされたという方がマイクを握り、核兵器廃絶の必要性を強く訴えられました。原爆は人間らしく死ぬことさえ許さなかった「悪魔の兵器」。それを使用することを前提とした核抑止や、米国との核共有など絶対に許してはなりません。日本は平和主義の国として非核三原則を遵守すべきです。
 炎天下、ずっと演説を聴いてくださった方が「共産党はいいことを言うし信頼できる。党名を変えたら伸びるのに」と話しかけてくれました。大切にしている党名ですので変えることはしませんが、善意からのご意見。受け止めさせていただきます。「共産党だから好き」だという方を増やすために頑張ります。
 山村さちほ県会議員の事務所近くで行った街頭演説では、昭和17年生まれの方がマイクを握り反戦平和を訴えてくれました。幼少期、若草山の上空がだいだい色に染められた夜のこと、大阪が空襲で燃えていると母に教わったことなどを話されました。戦争になったら大切な人の命や国土、文化を失います。戦争させないための平和外交こそ必要です。
 移動途中、奈良民商を訪問してご挨拶。消費税減税とインボイス中止 の実現に向けて、エールを交換しました。普段は選挙に行かない方たちが、投票に行き、主権者としての権利を行使すれば、結果は大きく変わります。今度ばかりは中小業者の願いを叶える選挙にしましょう。
 この日の最後は近鉄大和高田駅前での演説でした。選挙区候補の北野いつ子さんと合流し、支持を訴えました。北野さんは大和郡山市議になる前、パン職人として15年間働いた経験を持っています。きっと食べる人の笑顔を思い浮かべながらつくっていたのだと思います。平和をつくるためにも、とことん頑張ることのできる政治家です。比例区でも選挙区でも、勝利を目指して頑張りましょう。(2022/6/29記)