活動報告

新名神建設現場でまたもや死亡事故

[活動報告]2017/09/13 更新

新名神高速道路の建設現場(大阪府箕面市)で19歳の作業員が高さ30メートルの足場から転落し、死亡する事故が発生しました。

同工事ではこれで5人目の犠牲者となります。6月には同じ箕面市の現場で作業員が鉄板の下敷きになる事故があり調査にも出向きました。無茶な工期短縮が事故を多発させている要因になっているのではないのか、事故の調査と検証が徹底的に求められます。

(写真:6月の視察 左から 堀内照文衆院議員、黒田みち川西市議、清水)

 

実は昨日、NEXCO西日本(西日本高速道路株式会社)を訪問し、建設中の新名神高速道路・枚方市域の工事概要について照会を受けたばかりでした。事故が多発していることについても指摘し、安全対策の強化を要望したのですが…。繰り返される事故に憤りを覚えます。

(写真:9月11日 NEXCO西日本 訪問、左から 松岡ちひろ枚方市議、みわ智之衆院大阪11区予定候補、清水、広瀬ひとみ枚方市議)

 

建設現場においては安全対策が一番大切です。国会では鳶職など建設現場で働く方の事故を防止することなどを目的にした「建設職人基本法」が成立したばかりです。工期ありきではなく、徹底した安全対策とともに、事故を生み出さないための「ゆとり」が求められているのは間違いありません。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。そして、国と事業者に対して再発防止を強く求めてまいります。

大阪で大事な3点ー中小企業団体大阪大会にて

[活動報告]2017/09/13 更新

中小企業団体大阪大会に出席しました。約350人の経営者の方々が参加されていました。この日の大会で採択された決議や宣言について各政党が所見を述べるのですが、私からは3点申し上げました。

①中小企業支援と商店街活性化ーー中小企業向け官公需の拡大、ものづくり補助金や小規模事業持続化補助金の予算拡大、社会保険料軽減策と合わせた最賃引き上げの必要性などについて。自ら天神橋筋商店街で働いてきた経験から、商店街が大型店と共存していくために必要な行政の役割を求める。

②消費税率の引き上げに反対ーー規模の小さい事業所ほど消費税を転嫁できておらず、身銭を切って税務署に収めざるを得ない事態が生まれていることを告発。増税は国民の消費購買力を失わせ景気も悪化する。日本共産党は10%への引き上げに反対する。

③大阪府中央会への府の補助金復活ーー橋下徹氏が府知事の時に中小企業団体中央会への補助金を全廃。このような仕打ちは全国で大阪だけ。経験やノウハウを持つ中央会の活動を支援する上でも復活させるべき。

他の政党の代表のみなさんは、「アベノミクスの成果を中小企業へ拡大する」「万博誘致で中小企業に仕事を増やす」「梅田の地下街を核シェルターにして訪日観光客の安心を実現する」などと挨拶されておられました。

さながら立会演説会のようでした。各政党が一堂に会して政策を語り合う場がもっとあってもいいのではないかと実感しました。(9月11日)

羽曳野市議選、日本共産党の4候補全員当選

[活動報告]2017/09/13 更新

羽曳野市議会議員選挙(定数18)で日本共産党の4人の候補が全員当選を果たしました。最後の議席を維新の現職と争い勝ち抜くことができたことで、引き続き日本共産党の市議団は維新と並び第一党となりました。

柏原市議会議員(定数15)では、現職の橋本みつお候補が3位で5期目の当選を果たしましたが、新人の江村じゅん候補は惜しくも次点となりました。ご支援いただいたみなさん感謝申し上げます。ありがとうございました。

ウソとゴマカシの維新政治を打ち破りましょう!

[活動報告]2017/09/13 更新

堺市長選挙を翌日に控えた9日、市議補欠選挙が行われる西区と南区でそれぞれ予定候補とともにマイクを握りました。

いまの堺市を「停滞している」と批判する維新の市長候補ですが、いつから停滞してるかの問いに対してバブル期以降としか答えられず、停滞の責任を竹山市長に求めること事態に無理があります。

なお、堺市では国保料が8年連続で引き下げられ、少人数学級が拡大し、高齢者の移動を支援するバス施策も向上しており、市民本意の市政が進められてきました。また、製造品の出荷額は堺市が大阪市を上回っており、停滞などという批判は全くあたりません。むしろ、いつまでも都構想という幻想にしがみつき、まともな行政運営を怠ってきたこそが大阪市の停滞を生み出しているのであり、維新の会はそのことへの反省が必要です。

堺市長選挙でも、市議補欠選挙でも、お互いに事実を持って論戦に挑むことが必要でしょう。ウソとゴマカシの維新政治を再び堺市でうち破りましょう。

大阪にも日本のどこにもカジノはいりません!

[活動報告]2017/09/09 更新

朝、夕と城東区で宣伝に立ちました。「カジノはあかんで!応援するから頑張ってな!」と声が掛かり、とても励まされました。ビラの受け取りも多く、期待の高さを感じます。昨日はカジノ問題を考える大阪ネットワークの皆さんが約2万筆の反対署名を大阪市に提出しました。今月16日には大阪弁護士会主催でカジノ法阻止のシンポジウムも開催されるなど、運動も広がっています。大阪にも日本のどこにもカジノはいりません。大阪4区でカジノストップの願いを清水ただしに託していただくためにもいっそう励みます。後援会、支部の皆さん、残暑厳しい中での宣伝参加、お疲れ様でした。(9月8日)