活動報告

【〃福祉のしが〃を取り戻そう】

[活動報告]2023/04/06 更新
 かつては「福祉のしが」と言われた滋賀県ですが、今は人口あたりの病院数は全国46位、老人ホーム数は全国最下位です。三日月県政は国民スポーツ大会や大井戸川ダム建設に巨額の税金を投入。
軍拡や原発再稼働を求める意見書まで可決したオール与党議会に立ち向かう日本共産党議員団を強くと、5日は滋賀県を回りました。
 近江八幡市で井上さゆり候補と、東近江市で松本としひろ候補と、甲賀市で小西きよつぐ候補と、大津市で、ふしきみちよ候補、きのせ明子候補と県議選勝利へ支持を訴えました。とうかご支援をお願いいたします。
 

【カジノよりも市場を応援する大阪に】

[活動報告]2023/04/06 更新
 6日早朝、たつみコータロー知事候補と大阪中央卸売市場に赴き、お店先で対話しました。服装も市場スタイルに。仲卸のみなさんからは、「昨日テレビ出てたな、観たで!頑張りや!」と反応も上々。たつみ候補は「カジノをとめて、市場で働くみなさんを応援する府政に変えていきます」と決意を語りました。商売の町・大阪にカジノは必要ありません。9日の知事選投票日には、ぜひとも、たつみコータローを選んでください。
 

【山田みのりさんの頭上に桜を咲かせたい】

[活動報告]2023/04/03 更新
 災害時の避難場所ともなる小学校の体育館に、エアコンの設置をと公約掲げる山田みのり福島区市会候補。カジノIRの整備ではなく、暮らしと防災にこそ市民の税金を使いましょう。3日朝は、私も一緒に出入橋交差点でご挨拶。最後まで頑張って桜の花を咲かせたいと思います。
 さてみなさんは、かつて福島区に競輪の場外車券売場が、ふたりの背景に見える円筒型のビル内に誘致される計画が持ち上がったことをご存知でしょうか。
 地域住民や福島駅界隈の飲食店のみなさんが、「安心して住むことごできて、訪れることのできる福島区に」と、反対の声をあげ、ついに撤退に追い込むことができました。市会候補の山田みのりさんも住民運動に加わって奮闘しました。今度はカジノ賭博場をとめましょう。
 

【カジノ反対唯一貫く、山田みのりさん】

[活動報告]2023/04/03 更新
 大阪市民の中ではカジノIR反対が多数派です。維新の会はカジノIRの誘致によって税収増や雇用増が期待できると主張していますが、その元手は賭博で負けた人のお金です。人の不幸を踏み台に福祉や教育の財源を生み出すなど悍ましいことを国や行政がやるべきではありません。
 2日、福島区で唯一カジノ反対貫く山田みのり市会候補の個人演説会に参加しました。定数2の市会議席に対し、維新の現職、病気により引退する自民現職の弟、維新の公認を得られなかった府会議員が市会に転身、そして山田みのり候補と、有力4人の争いです。
 山田みのりさんの候補者カーに対する反応も高まってきているとのことです。維新のポスターを貼っているお宅からも「共産党の議席がないとダメよね」と声がかかったとか。6万余の区内有権者に山田みのりさんの政策を届け切り、市会議席獲得へ頑張りましょう。(2023/4/2記)
 

【税金の使い道を変える選挙にしよう】

[活動報告]2023/04/03 更新
 今後5年間で約17兆円も増やす軍事費。それだけのお金があれば何ができるか。待機児童の解消、学校給食の無償化、特養ホームの待機者解消、大学授業料の無償化、医療費窓口負担の解消など、想像しただけで夢が広がる。みんなの願い実現へ選挙に行こう。1日夜に開かれた豊中市の政談演説会で日本共産党の躍進を訴えました。松下三吾府会候補、日本城タクシーの坂本篤紀社長、元豊中市議の熊野いそさんもお話しました。(2023/4/1記)