最新情報

【野党連合政権の実現へ】

[活動報告]2019/11/18 更新

16日(土)、大阪革新懇主催の立憲野党シンポジウムが開催されました。

神戸女学院大の石川康弘教授のコーディネートのもと、立憲民主党の村上史好衆議院議員とともに、国会情勢や維新政治、市民と野党の共闘のこれからについて発言しました。

野党が単なる選挙協力にとどまることなく、どんな政権をつくるのかについて合意をし、安倍政権に変わる受け皿としてのビジョンを有権者に明確に示すことが必要です。そうすることで、投票率と選挙結果に大きな変化を起こすことができます。もちろん、大阪での維新政治とのたたかいにも有効であると考えます。

いつ解散総選挙が行われても、立憲野党が議席を伸ばせるように、準備と実践を加速させていきたいものです。

国民民主党の平野博文衆議院議員、社民党府連代表の服部良一元衆議院議員からもメッセージが寄せられました。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、スーツ
画像に含まれている可能性があるもの:1人
画像に含まれている可能性があるもの:1人
画像に含まれている可能性があるもの:2人、座ってる(複数の人)