最新情報

沖縄に戦後はあるのでしょうか。あきらめずにたたかい続けること、連帯して頑張ります

[活動報告]2016/08/27 更新

沖縄に戦後はあるのでしょうか。戦後71年も経過しているのに、沖縄はいまも戦中の様相を呈しています。米軍輸送機オスプレイが我が物顔で爆音とともに住宅街を飛び回り、緑豊かな沖縄の山に砲弾を打ち込み、耐用年数200年の新型基地と地元住民の反対を押し切ってヘリパッド工事を強行する。

辺野古や高江の問題は、民主主義と地方自治の精神が日本という国そのものに問われているのだと思いました。

 

座り込みテントなどを訪問し、抗議行動をされているみなさんを激励させていただきました。

あきらめずにたたかい続けることが大切です。連帯して頑張ります。