最新情報

最大の反撃は赤旗の読者拡大!

[活動報告]2018/11/30 更新

技能実習生の過酷な実態を改善しないまま、外国人材を拡大する入管法改定案が衆議院本会議で強行採決されました。論点が山積であるにも関わらず、総理の外遊日程に合わせて採決を急ぐなどあまりにも常軌を逸した国会運営です。

なお、維新は自公とともに法案に賛成し、山下法務大臣の不信任案には反対しました。毒を食らわば皿まで、一連托生、下駄の雪。民主政治をないがしろにする安倍内閣と自民党にどこまでもすがりつく維新政治の姿がここにあります。

ここで私たちは、「ああ、またか…」とあきらめてはいけません。強行採決に抗議し、悪法の廃案を目指して声をあげ続けることが大切です。

今日28日は朝から福島区で支部の方と一緒に支持者を訪問。「暴走続ける安倍政権を終わらせるために選挙で決着をつけなくてはなりません。ぜひ、赤旗を読んで応援してください」と訴えて三人の方に日曜版を購読してもらうことができました。

午後からも福島区で山田みのり市会候補と一緒に地域のつどいに参加し、暮らしと平和を守るために選挙で勝たせてくださいと支持を呼びかけました。

夕方からは、京橋駅コンコースでカジノ反対大阪ネットワークのみなさんと定例の宣伝に立ちました。私からは、「万博の理念に反対するものではありませんが、2025年大阪万博はカジノ賭博と一体です。災害の危険が伴う夢洲を会場にして巨大開発を進めようとしているのです。これだけ大阪府民の暮らしが大変なときにカジノ万博に巨額の税金を投入していいのでしょうか」と訴えました。

シール投票には「カジノはあかん!」と言って宣伝隊に駆け寄り、アンケートボードの反対枠にシールを貼ってくれる人が続きました。署名も44筆集まりました。

夜は堺市の憲法共同センターで国会報告を務めました。この間、ご好評をいただいている電気紙芝居(パワーポイント)を使って、緊迫する国会情勢とたたかいの展望について報告しました。

安倍政権は、悪法を次から次へと出して目先を変えることで国民に悪政そのものを忘れさせ、数の力で押し切ることにより政治変革をあきらめさせ、国民同士を分断する手法で延命を図ってきました。

最大の反撃は、悪事を忘れず、決してあきらめず、団結して立ち向かうことです。沖縄のように全国でたたかうことです。

そして、国会の状況をつぶさに報じ、日本共産党の役割と、市民と野党の共闘の広がりを国民の目線で伝える「しんぶん赤旗」の読者を増やすことが、決定的に重要になっていると思います。

党中央委員会の書記局も、地方議員と候補者へ「拡大タイムをとって奮闘を」と呼びかけました。私もこれに正面から応えて、赤旗読者の拡大にいっそう取り組んでいきます。