最新情報

終戦記念日の宣伝ーー来たる総選挙で憲法擁護の公約掲げる決意

[活動報告]2017/08/18 更新

来たる総選挙、小選挙区で当選を目指す「必勝区」の候補である、北山良三さん(5区)、わたなべ結さん(3区・比例)、そして森友学園問題追求の先頭に立ってきた、参議院議員のたつみコータローさんともに、なんば高島屋前で終戦記念日の宣伝に取り組みました。

画像に含まれている可能性があるもの:3人、、スマイル、屋外

画像に含まれている可能性があるもの:5人、、スマイル

私は京橋空襲についてお話しました。終戦の前日、全国各地で激しい空爆が行われました。大阪では京橋に1トン爆弾が投下され駅舎を直撃。数百人が亡くなったのです。あとイチニチやり過ごすことができれば自由で平和な人生を送ることができたであろう犠牲になられた人びとの無念に胸を痛めます。

日本軍国主義の敗北により戦争が終結して72年。軍人・軍属には60兆円もの恩給が支払われてきましたが、原爆を除く一般戦災被害者には一円も支給されていません。国民全体を戦争に駆り立てた国の責任を放棄させてはならず、空襲等の被害者を救済することは、二度と政府の行為によって戦争を起こさせないという戒めにもなると考えます。

平和であるからこそ、私たちの今の暮らしがあるのです。悲惨な戦争を風化させることなく歴史と向き合い平和の尊さを引き継ぐことが私たちの世代の役割です。来たる総選挙では、憲法擁護を高く掲げてたたかい抜く決意です。

後援会・党員のみなさんがたくさん駆けつけてくださり、SNSへの投稿を拡散してくれています。頼もしい限りです。ありがとうございました。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)